ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

A Happy New Year !

 明けましておめでとうございます。今年もサンドフィッシュ・レコードをどうぞよろしく。

 昨日は実家に戻り、両親と3人で『紅白』を見て、年越し蕎麦を食べて、『ゆく年くる年』を見ながら新年を迎えるという、なんとも古典的というかレトロというか、そんな年越しをしたのだった。で、今も特になにをするでもなく、出かけるでもなく、無目的にテレビを観たり、腹も減ってないのに飲んだり食ったりしてると。これぞ正月…と思わないでもない。

 さっき、ちょっと外に出たついでに、自分が育った家の周辺をぶらりと歩いてみた。僕の実家の前には小学校があったんだけど、数年前に廃校となっている。ただ、取り壊されたわけじゃないので、外から眺めている分には、今も小学校のままであるかのように見える。でも、いざ階段を登って、閉ざされた門から校庭を眺めてみると、かつてあったはずの、鉄棒、うんてい、卒業生の記念制作品などが、きれいになくなっていた。プールは薄汚れ、校舎に掲げられた時計の針は止まっていた。もうここは学校じゃないんだなぁと思った。

 今、僕の実家がある町は、とても静かだ。通りに人影はあまりなく、子供達の声も聞こえない。僕が育った頃とはまるで違っている。でも、別に悪い気はしない。少しセンチメンタルな気持ちにさせられるだけだ。

 後でもう少し歩いてこようかな。ここに来ると、いろんなことを感じることができる。それは、ちっとも、悪いことじゃない。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-01-01 15:01 | diary | Comments(3)
Commented by SADA at 2009-01-01 22:40 x
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
今、職場から書き込みしています。ハハハ・・・仕事で泊まりなんですよ。
でも今朝は天気も良く、清々しい気分で出勤できました。
頑張るぞ!オー♪
Commented by jerry at 2009-01-01 22:52 x
あけましておめでとうございます。

大晦日は長女をカミさんの実家に届け、帰りは大学時代を過ごした
街を車で通って帰ってきました。大晦日に私も少しだけセンチメンタルな気持ちになりました。ちっとも悪いことじゃない、私だけの想い出が詰った場所がそこにもありました。BGMはジェフ・リンのソロアルバムで、ジョージのスライドが聴けたりして、たまらない気持ちになりました・・・。

寄り道して中古レコード屋へ・・・、ここで、The Whoの『Sell Out』のアナログをゲットしました!
『Sell Out』を『For Sale』(売り出し中)で買えて大喜びな年末でした。
で驚いたことに、このアルバムの1曲目のJohn Keeneのクレジットがあったんですが、
どこかで聞いた事がある名前だな~と思っていたら、トム・ペティの『Greatest Hits』でカバーされた、Something In The Airと同じ人でした。この人のこの曲って、ピートがプロデュースしていたそうです。『Sell Out』を買うまで全く気付きませんでした。ピートとトム・ペティがこんなトコで接点があり嬉しい発見でした。
Commented by sandfish2007 at 2009-01-02 07:48
◇SADAさん
明けましておめでとうございます! 元旦からのお仕事(しかも泊り)ご苦労様です。幸い、首都圏はお天気に恵まれ、良いお正月ですね。今年もよろしくお願いいたします。お互いがんばりませう。

◇jerryさん
大晦日に聴くジョージのスライド、最高かと。そして、『Sell Out』入手おめでとうございまっす! ありそうでないんですよねー。 “Something in the Air”は、サンダー・クラップ・ニューマンでしたっけ。このバンドには若きジミー・マッカロウも在籍してました。というわけで、ポールにもつながると。接点さがしは楽しいですね。
<< 寸又峡へ 大晦日ですね >>