ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

"The"に込められたアイロニー

 昨年末くらいから推敲を重ねてたりする、とある企画書。ゆっくりとした変遷を経て、今では企画書というのとはちょっと違うものなってたりする。で、そろそろ完成させたいなぁということで、昨日は辺りが暗くなった頃に、なけなしの小銭を握りしめて、相談にのってもらってる「余白や」さんへと向かった。マスターの米澤さんと2人であれこれと話し合うこと数時間、どうにか落ち着くべきところに落ち着いたんじゃないかなぁと思う。あーよかった。

 「さて、打ち上げですかね」ということになり、小銭しかないくせに、近所の美味しい焼き鳥屋さん「ワランカ」へ。そこでは昭和的な話から人生的な話までいろいろした。で、もちろん音楽的な話にもなったんだけど、面白かったのが、“Born in the U.S.A.”の話。なんでも、80歳くらいのおじいちゃんがやってるブログあるらしくて、そこでこの曲のことが触れられていたとのこと。米澤氏曰く、「そもそも、"U.S.A."の前に"The"が付くのは、文法的に間違ってるわけですけど、この"The"がミソなんだと、このじいさんは言うんですよ。ほら、この曲って歌詞の内容とは裏腹に、愛国歌だと勘違いされたじゃないですか。でも、本当はそうじゃない。つまり、"The"が付いたことで「アメリカ合衆国とかに、俺は生まれちゃってよぉ」みたいな意味になるんだって、そんなことが書いてあったわけですね」とのこと。

 なーるほどー。"The"に込められたアイロニー。気がつかなかったなぁ。伊豆高原に住んでるおじいちゃんらしんだけど、世の中には面白いこと言うお年寄りがいるもんだなぁ、と思う。

 とまぁ、そんなこんなでお酒はすすみ、夜はじんわりと更けていき、いつしか水曜日は木曜日に変わっていたのだった。いやぁ、すっかりご馳走になっちゃったなぁ。いつかお返ししたいと思ってます。どうもありがとうございました(ぺこり)。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-01-29 09:14 | diary | Comments(0)
<< Sad Morning 地産地消 >>