ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

ジョージと大粒納豆

 友人の日記にジョージ・ハリスンのことが書かれてたので、つられるように『George Harrison』をターンテーブルにのっけてみる。僕が最初に買ったジョージのアルバムがこれで、中学2年生のときだったと思う。以来、ずっと大切に聴いている。そんな1枚。“Your Love Is Forever”の対比的な歌詞と、漂うようなギターのトーンが、とても好きだったりする。

 ジョージといえば、来日中のエリック・クラプトンが、ジョージの“Isn't It a Pity”を先日のライヴで演奏したと知り、椅子から転げ落ちそうになった。これは観たかったなぁ。

 さて、間違って買ってしまった大粒納豆。もったいないので、卵とネギを入れて食べたら、美味しくいただけた。よかったよかった。ということで一句。

 ジョージの歌 聴きつつ食べる 大粒納豆

 かなり字余り&ちょっと食べ過ぎ。うっぷ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-02-18 07:50 | diary | Comments(2)
Commented by jerry at 2009-02-18 23:10 x
ジョージの“Isn't It a Pity・・・やったらしいですね~。
私もびっくりしました。 日本はジョージにとってもエリックにとっても
特別な国であることは間違いないと思いますが、ものすごいサービスですよね。
Commented by sandfish2007 at 2009-02-19 14:06
◇jerryさん
びっくりしましたよねー。日本公演だけのスペシャルというわけではなさそうですが、ジョージが亡くなったときにエリックは日本にいたんだよなぁと、ちょっと思ってしまいました。うーん、聴きたい…。
<< 「サウサリート」のランチはやばいっ! 3,000 Years >>