ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

MUSIC FROM DEEP SOUTH

f0182140_9391123.jpg

 冷たい雨が降ってたりする。なにやら寒い1日になりそうなんで、気分だけでもあったかくしようと、ブライアン・ウィルソンとヴァン・ダイク・パークスの『Orange Crate Art』をかけてみる。ノスタルジックだから、ちょっと切なくなったりもするんだけど。

 昨日の午後は「Beautiful Tribe」へ顔を出す。これまでのお礼を言って、置かせてもらってたCDを引き取った。ちゃんとイーサ・デイヴィス、ポール・アブロ、サリー・ドゥワースキーが売れてたりする。どうもありがとうございます。「Beautiful Tribe」は洋服屋さんなわけだけど、マスターのけんご君がミュージシャンということもあり、CDも独特のセレクションで並べられている。他の事が忙しくなって、お店に手がまわらなくなってきたということもあり、閉店を決めたそうだけど、こういうお店がなくなるのは、やっぱり淋しい。居合わせたお客さんも、「もうここでCDが買えないのが残念です」と言っていた。わかるなぁ。

 でも、これからは「Beautiful Tribe」のような、個人のセンスで情報を発信していく小さなお店が増えていくと思う。自分が面白いと思ったものを、自分のセンスで自由に発信していく。時代はどんどんパーソナルな方向へと向かっているような気がしている。

 夜には、友人である二見くんが、ビールとケンタッキーとレコードを持参でやってきた。ソウルのレコード聴きながら、来月で1周年を迎える二見くん主催のマンスリーDJイベント「Voices Inside」のための簡易フライヤーを、ふたりで作成する。「二見がこのイベントに込めた気持ちを表すような、そんなサブ・タイトルをなんかつけようよ」と僕が言うと、二見くんはあれこれと考えた末、「MUSIC FROM DEEP SOUTH」とつぶやいた。とても彼らしい、嘘のない、いい言葉だと思った。

 最後は、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのDVDでひと盛り上がり。結成25周年のライヴ映像で、みんなさすがに歳をとってたけど、ヒューイ・ルイスの歌からは、今もしっかりと、ベイエリアの風が感じられた。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-02-27 09:38 | diary | Comments(0)
<< The Small Circl... Beautiful Tribe >>