ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

The Small Circle of Friends

f0182140_1411535.jpg

 今朝起きたら、枕カヴァーが避けていた。むーん、買わねば。

 昨夜は、湘南・藤沢を代表するブラジル音楽バンド=月明かり4人組のライヴを観に「ロケット・デリ」へ。さすが地元に深く密着したキャリアをもつバンドだけあって、店内は馴染みある面々がたくさん集まって大盛況。バンドのオリジナル曲もすっかりこの街に馴染んでいて、お客さんも一緒に歌えたりするわけで、こういう地元ならではの距離感のなさというか、空気感って素敵だなぁと改めて思った。それは言ってみれば、ひとりひとりが知り合って、手を繋いで、ひとつの輪を広げていくようなもので、そうした「スモール・サークル・オブ・フレンズ」的な繋がりは、先行きの不安と閉塞感が強まる今だからこそ、今後ますます大きな意味を持つようになると思う。

 ライヴの合間と終演後には、ゲイブリエル・マンの『Tall Buildings』がずっと店内に流れていた。サンドフィッシュ・レコードもまた、この小さな輪の中にいる。そのことが、なんだか誇らしかった。どんなときも、居場所があるというのは、いいものだと思う。

 最後に、おめでたい報告をひとつ。サンドフィッシュ・レコードがリリースしたすべての作品で、素敵な歌詞対訳をしてくれている佐藤幸恵さんが、このたび第一子を無事出産。まずは母子ともに健康とのことで、ほっとひと安心。とにかく、よかった!よくがんばった!おめでとう!おめでとう!

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-03-01 14:12 | diary | Comments(2)
Commented by jerry at 2009-03-01 15:36 x
私は小学校の6年生の時に、家庭科の授業で自分で作った枕カバーをその後15年間愛用していていました。
中学~高校~大学~社会人と多感な時期の色々な夢をその枕と一緒に見てきたということになります。
流石にボロボロになりすてる頃は、とても淋しかった想い出があります・・・。

ジョージとかかわりの深いサンドフィッシュ・レコードにおいて
対訳をなさっている方のお子さんが、ジョージと誕生日が近いのも物凄い偶然ですね。
おめでとうございます! うちの娘と同級生ですね。
ちなみに昨日28日はブライアン・ジョーンズの誕生日で、
今日1日は、ロジャー・ダルトリーの誕生日であります。
Commented by sandfish2007 at 2009-03-01 17:33
◇jerryさん
枕カバーの想い出話、ありがとうございます。オリジナルの枕カバーですかぁ。いいですねー。

佐藤さんのお子さんは、ジョージの誕生日よりちょっと前に誕生されたようです。そういや、おめでたの報告を受けたときも「ジョージの誕生日あたりが予定日」と言ってました。きっといい子に育つことでしょう。
<< Hedwig and the ... MUSIC FROM DEEP... >>