ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Nevermind

 昨日は、親父とお袋が藤沢にやって来て、一緒にランチを食べた。なんでも、『おくりびと』を観ようと思ったら、映画館が満員で入れず、それで時間がぽっかり空いたということで、藤沢まで足を伸ばしたとのこと。お蕎麦屋さんの日替わりランチをいただき、「カフェ・パンセ」でお茶を飲んで、1時間半ほどで帰って行った。急だったけど、元気そうな顔を見れてよかったなと思った。

 鵠沼海岸の商店街にある洋服屋さんへCDを納品しに行くと、これから「余白や」へ行くという友人とすれ違ったので、納品を済ませてから僕も「余白や」へ。店内では友人がカウンターに座ってビールを美味しそうに飲んでいた。だから、僕も一緒になってビールを飲んだのだった。

 ほぼ同世代のその友人は、心の根っこに強い「意志」のようなものを持っていて、そんな彼女の生い立ちや10代の頃の話はとても面白く、共感する部分もあったりして、思わず聞き入ってしまい、ついついお酒もすすんでしまったのだった。「あの頃、ニルヴァーナをよく聴いてました」と彼女が言った。確かに当時の彼女には、ニルヴァーナのような音が必要だったのかなぁと思ったりした。ひりひりとした感覚をもったノイジーな音が。

 そんなこともあって、帰宅してからは、僕もニルヴァーナの『Nevermind』を聴いたのだった。で、寝るときにはパールジャムのベストをかけて、今朝はまた『Nevermind』を聴いていると。あの頃は、まともに聴かなかったニルヴァーナやパールジャム。でも今こうして聴いてみると、あの当時の空気みたいなものを、鮮明に思い出すことができる。そういうのって不思議なものだなぁと、いつも思ったりする。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-03-06 09:49 | diary | Comments(0)
<< Surprise, Surprise Kingdom of Days >>