ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

3月22日(日)はチャリティライヴ in 江ノ島

 昨日は、午後から夜中まで、食事もせずに、ただひたすら、ジェフ・エメリック著の『ザ・ビートルズ・サウンド最後の真実』を読み耽った。途中で少し具合が悪くなってからは、ベッドに潜り込んで、ずっと読みつづけた。レコーディングに深く関わった経験のない僕にとって、この本はものすごく新鮮だったりする。しかも、それがビートルズのレコーディングなのだから、これ以上の話は望むべくもない。残りあと半分。仕事しなきゃと思いつつ、読みすすめたくて、しょうがなかったりする。うー。

 さて、「News」欄にもほとんど同じ文面でのっけてますが、今日はとあるライヴの告知をしたいと思います。ぜひ、たくさんの人に観てほしいライヴです。

 湘南で長年活動してきたとあるミュージシャンがいて(事情により匿名。すみません)、今重い病気を患っています。そのことを知ったミュージシャン仲間が、彼の治療費を捻出するために集まり、チャリティ・ライヴを開催することになりました。詳細は下記の通り。

 日時:2009年3月22日(日) 13:00〜16:00
 会場:神奈川県立かながわ女性センター/0466-27-2111 map→link
 出演:水母ボーダーズ、月明かり4人組、GEARMAN & CROSSHEART、
    山内洋子&TOMOCHIN、ウェスリー吉村
 入場料:前売り 2,000円/当日 2,500円
 お問い合わせ:Do.Sammy Company/0466-23-9049

 チケットは『Sandfish Records Shop』にて絶賛発売中!

 猛烈な勢いで熱狂的なファンを獲得しつつあるコミック系ソウル・バンド=水母ボーダーズを筆頭に、湘南を代表するサンバ・ボサノバ・バンド=月明かり4人組、湘南でもっともスタイリッシュなサウンドを聴かせるバンド=GEARMAN & CROSSHEART、渡辺香津美直系のジャズ・ギタリスト=ウェスリー吉村、そして(僕は未聴なんだけど)天性のジャズ・シンガーでありソウル・シンガー=山内洋子&TOMOCHIN。

 湘南界隈の音楽シーンに深い関わりをもつミュージシャンが、すべてノーギャラで出演します。チケットの売上げは、諸費用以外すべて療養中のミュージシャンに手渡されるとのこと。会場は500人収容のホールで、音響、照明ともにばっちりです。

 もしよかったら、日曜日の昼下がり、江ノ島まで足を運んでみませんか? 当日はサンドフィッシュ・レコードも出店してますので、こんにちはしましょう。で、一緒に音楽を楽しみましょう。そして、江ノ島のサンセットを堪能した後、もし夜もお時間があるようでしたら、藤沢の「Bar Cane's」(map→link)で行われるDJイベント『Voices Inside』で、さらに音楽を楽しみませんか? 僕もちょっぴりDJの真似事をします。そんな音楽がいっぱいの最高に楽しい1日です。ぜひ遊びに来てください。そして、僕らの仲間をサポートしてやってください。 

 よろしくお願いします(ぺこり)。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-03-09 12:47 | diary | Comments(0)
<< ストリングベンダーが聴こえる On the Street W... >>