ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Hey There

 ぬくい朝なわけで、「あぁ、これはもうほんとに春になったんだなぁ」と思ったりする。アコースティック・ギターの音が聴きたくなり、ケリー・ジョー・フェルプスの新作をかけてみる。これが終わったら、ジョン・ミラーでも聴こうかな。『Hey There』を。んで、いつものようにコーヒーをすすってみよう。そうしよう。

 春だからなのか、なんなのか、新しいことをはじめたいなぁと思ったりする。どんな仕事でもそうだけど、長くつづけていくには、少しづつでも新しいことをやっていく必要があるんだと感じる。だから、昨日は、そのときのために、音楽ビジネスの基本知識みたいなものをおさらいしておこうと思って、その手の本を読んで過ごした。

 いやまぁ、ややっこしい。大体の流れはわかっているはずなのに、ときどき「えっ?どういうこと?」と読み返すはめになる。とにかく、いろんな権利が複雑に絡み合ってて、これをすべてクリアにしてやっていくというのは、相当大変なことだなぁと、改めて思ったりした。

 もはや、CDを作ってそれを売ってればいい時代じゃないし、レーベルが求められる役割もまた、徐々に変化してきていると感じる。でも、僕としては、そうした流れとは一歩離れたところで、サンドフィッシュにしかできないことがなんなのかを、見つけていけたらいいなぁと思っている。できるだけ素朴な方法で、ビジネスに音楽が押し潰されないように注意しながら。

 大きな見返りをほしいとは思わない。ローリスク&ローリターン。自分の足元を見つめて、地道に前へ進んで行こう。きっと、本当の幸せなんてのは、そんなところにあったりするんだと思う。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-04-07 08:09 | diary | Comments(0)
<< Swingtime in Sp... Many Rivers to ... >>