ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

足元で風に揺れてる花もある

 あかるい気分でシュープリームスのレコードを聴くお昼ちょい前。さっき自転車で近所をぶらぶらしてきたんだけど、桜があちこちで咲いていて、花びらがひらひらと舞い散っていて、それはとてもきれいな光景だった。マイミクさんの日記に「この季節、私達に上を向かせるために桜は咲いているのではなかろうか」てなことが書かれていて、「ほぉー」と素直に思ってみたりする。

 …が、そんな人ばかりではない。昨夜いつものアナログ・バー「サウサリート」ヘ顔を出すと、カウンターでは湘南を代表するブラジリアン・ギタリスト=中西文彦氏がワインを飲んでいた。「いやぁ、千円札を拾っちゃってさぁ」、中西さんはそう言ってにかっと笑った。「お札を拾ったのって久しぶりなんだよね」とのことで、それ以来、努めて下を向いて歩いているんだそうな。「なるほどー」と思ってみる。だってほら、みんなが上を向いて歩いている今こそ、お札を拾うチャンスなのかもしれないでしょ。というわけで、

 結論:下を向いて歩こう。

 …なんつー風情のない結論だと思われそうだけど、そんなことはございま千円。だって、この季節は足元にだって、いろんな花が咲いてたりするのだから。小さいなりにも健気に。ささやかに。つまり、桜ばかりが花じゃないよ!と僕は言いたいのだ(軽く理論武装)。

 それにしても、ぽかぽかなり。もうビーサンで大丈夫だったりする。いい季節がやってきた。お昼になったらビールを飲もう。で、ダン・ヒックスのレコードをターンテーブルにのせよう。そうしよう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-04-09 11:36 | diary | Comments(0)
<< Keep Your Soul Swingtime in Sp... >>