ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Ride

f0182140_9461743.jpg

 ほんとにあったかくなったわけで。ひたすら春なわけで。ちょっぴり初夏っぽかったりもするわけで。すっかりふにゃふにゃな気分…だったりする。

 FMヨコハマでお会いした『WE LOVE SHONAN』のパーソナリティー=齊藤美絵さんから、先日差し上げたサンプラーの感想が届く。「どのアーティストもどの曲も抜群に良いですね!」との嬉しい内容。こういう反応をもらえたときが、実のところ、一番嬉しい。「やっててよかったなぁ」と素直に思えるから。

 そんなわけで、今朝はイエローのコラボTシャツを着て、ゲイブリエル・マンポール・アブロを聴いてたりする。サンドフィッシュ春の定番アイテム、と言ってよろしいかと。聴いてて気持ちが明るくなる。「人生はこうでなくちゃねー」と思ったりする。少なくとも、そういう側面をもっているのは、悪いことじゃない。

 昨夜は、雨の中、かなーり久しぶりに茅ヶ崎の音楽バー『フロッギーズ』へ。ドアを開けるとボブ・ディランが流れていて、カウンターにはリトル・ウィリーズが好きだという女の人が座っていた。ビールを飲みつつ、近況や音楽の話をあれこれとする。んで、5月5日(祝)に茅ヶ崎の海岸で行われるライヴ・イベント『SUNAHAMA』にサンドフィッシュも出店させてもらうことに。後日改めて告知するけど、もし天気がよかったら、これはもう決定的に気持ちいいこと間違いなし!のイベントだと思う。フリー・コンサートで、たくさんの人が気軽に来れるのも、とても茅ヶ崎的。かなり楽しみ。

 帰り道は、ものすごいドシャ降りに見舞われた。僕は傘をさして、自転車をきこきことこいで、家に向かった。かつて、自転車旅行ばかりしていた頃、雨はどうせ降るなら思いきり降ってくれた方が気持ちいいことを、なんとなく思い出したりした。

 で、今日はとてもいい天気。ゲイブリエル・マンが、“Ride”の中で、太陽に向かってペダルをこいでたりする。人生はそうでなくちゃね…と思ったりする。少なくとも、そういう側面はあるのは、悪いことじゃない。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-04-15 09:47 | diary | Comments(0)
<< A Quick One, Wh... 海の上の君は、いつも笑顔 >>