ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

JT

 くすみまくってたヤカンがピカピカになってたりする今日この頃。僕は水まわりがきれいだと嬉しいので、ヤカンがきれいというのもまた、妙に気持ちがよかったりする。

 さて、プチ連載がスタートした「サンドフィッシュ・レコードの世界観を、サンドフィッシュ以外の作品で紹介」する企画。今日はこの人が登場。もう最高。おーいぇー。

◇James Taylor『JT』
ジェイムス・テイラーの聖霊をたたえた歌声は、本当に唯一の、この世界でただひとつだけのものだ。手の平にのせたナイーブな魂のように、そっと触れないと傷ついてしまいそうでいて、どんなものよりも強い力を秘めている。あらゆる壁を越えて、人の心の奥まで届いてしまう。このアルバムは、素朴なスタンスと都会的なサウンドのバランスが素晴らしく、何度繰り返し聴いてもまったく飽きることがない。でもそれはきっと、この特別な「歌声」が、真ん中にしっかりとあるからだと思う。<MIYAI@Sandfish Records>

 さてさて、「News」欄にもアップした通り、明日はi-SHONAN主催のチャリティーライヴ。とにかく出演アーティストが大充実!という話のこのライヴだけど、ホールの雰囲気もとてもいいと聞いて、今からすごく楽しみだったりする。サンドフィッシュ・レコードでは、いつものようにCD、Tシャツ、トートバッグの他、出演アーティストのCDもいくつか販売する予定。よかったら遊び来てくらさいませ。お待ちしてやす。

 昨夜行われたWADDYのマジックショーは、びっくりびっくりの連続で、そらもう楽しい夜だった。WADDYはいつもサービス精神旺盛で、お願いするといつまでもマジックをつづけてしまいそうで、きっと本当にマジックが大好きなんだと思う。で、それはとても素敵なことなんだと、僕は思う。

 MIYAI
f0182140_7413811.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2009-05-23 07:42 | diary | Comments(0)
<< Good Old Boys Tarzana Kid >>