ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

トンネル抜けて

 朝っぱらから夏みたいな日。窓を全開にして、ボブ・ディランの『New Morning』とウイングスの『Venus and Mars』(のレコード)に針をおろす。トーストにハムとレタスと目玉焼きをのっけて、かじる。よく冷えた牛乳を飲み干す。果たして、これ以上の朝なんて存在するのだろうか?…と、思わないでもない。そんな気分で、近所の神社まで散歩したのだった。朝だというのに、陽射しが面白いくらいに、夏っぽかった。

 昨日はバイトの後、音祭り「どんとこい」へ。久しぶりに会う友人・知人。溢れる音楽。ビール。えとせとら、えとせとら。友部正人が数曲歌ったのだけど、これがものすごーくよかった。人柄というか生き様というか、これまで生きてきた時間の重みと深みが、ひしひしと伝わってくる。自分がやってることに対する気持ちのブレなんて、微塵も見当たらない。きっと、友部正人なら、どんな場所でも、どんな種類の人の前でも、同じレベルのパフォーマンスができてしまうのだろう。昨日、僕が聴いたのは、それくらい確固たる歌だった。そして、演奏されたほぼすべての曲が、友であるどんとに捧げられた。友部のそんなまっすぐさにも、僕は、強く惹かれた。最後にボ・ガンボスの元メンバー3人と歌った「トンネル抜けて」での悲しさも、また素敵だった。

 それにしても、「トンネル抜けて」、いい曲だな。えっと、改めて。今度ギターで弾いてみよう。そうしよう。

 「どんとこい」を観に行くのに、アルバイトのシフトをずらしたので、今日は午後から夕方までアルバイトだったりする。こんな夏のような日曜日になんだか残念だけど、ま、しょうがない。Tシャツの注文がきていた。夏が、少しづつ、確実に、近づいてるんだと思う。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-06-07 09:42 | diary | Comments(4)
Commented by える at 2009-06-07 17:02 x
僕も行きたかったです。


毎年やってるんですか?



いまだに僕も天気のいい日には、魚ごっこ流し、もらえるものは何もかもポケットの中につめこんで、夜のドライブしながら、どんとを思い出します。




でも、僕は一番KYONのピアノが大好きだった。
Commented by sandfish2007 at 2009-06-07 23:23
◇えるくん(注:彼は古い友人です)
毎年やってるよ。でも、今年はスペシャルだったな。だって、天国のどんとがいて、KYONとDr.TOSHと岡ちゃんが揃っちゃったわけでね。凄いなぁ。最高にファンキーだったよぃ。

えるも、車飛ばして、海の見える方へ、遊びにおいでよ。僕の家の方へ。トンネル抜けて。待ってるぜぃ。

MIYAI
Commented by アラン・ボブ at 2009-06-09 19:14 x
こんにちは。
この間、ディランのアルバム「ニュー・モーニング」のリマスター盤を買い
ました。
すっきりした、クリアーな音の新盤を聞いた後、旧盤を聞くと、かなり音がくぐもって聞こえます。
そこで思ったのが、新盤があれば、旧盤は要らないんじゃないか?ということです。
売ってしまえば、聞き比べは出来なくなりますが、2枚持っておくほどのアルバムかなあ?とも思いますし、ずっと思案中の状態です。
MIYAIさんは、どう思いますか?
Commented by sandfish2007 at 2009-06-11 09:21
◇アラン・ボブさん
こんにちは。『New Morning』、音が良くなっているのですねー。確かに2枚持っているべきアルバムではないと思いますが、軽く作ったようなあのアルバムが、僕はけっこう好きで、よくターンテーブルにのっけてます。

基本的に、僕は音質には頓着しない方なので、ずっと聴いてきた盤が1枚あれば、それでいいといったタイプです。うまく言えないのですが、買い換えというのがあまり得意じゃないのだと思います。『New Morning』に限った話じゃないので、これじゃあまり答えになってませんが、そんなところです。

MIYAI
<< Where the Bands... ムーン・パレス >>