ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Bird of Beauty

 ささやかに、スティービー・ワンダーの『Fulfilingness' First Finale』が流れる部屋から、おはようございます。今日も良い天気。穏やか気分の朝。少し長めの息を、ほーっとしてみたりする。ほっ。

 昨夜は、Tシャツをお届けに、茅ヶ崎のミュージック・ライブラリー&カフェ『ブランディン』へ、きこきこと自転車をこいで行った。かなり久しぶりの『ブランディン』。でも、あんまりそんな気がしなくて、ドアを開けるとエリック・クラプトンが流れていて、店主のひろみさんもいつもと変わらない笑顔で迎えてくれる。「あぁ、いいお店だなぁ」と改めて思ったりする。コーヒーを注文し、待ち合わせた音楽仲間の浅沼氏と3人で、あれこれと音楽談義など。イベントの相談など。みんな親身になってくれ、とてもありがたいのだった。

 自転車をきこきここいで部屋に戻ってからは、えっと、おビールを。昨日はとても嬉しいことがあったので、いつもの麦とホップではなく、ブレミアム・モルツとオリオン・ビールにて乾杯。魚肉ソーセージをかじり、スナック菓子をほおばる。そんな幸せな午後11時以降だった。

 で、今はスティービー・ワンダーが歌ってくれていると。“Bird of Beauty”とかを。なんかそれだけで、きっと充分なんだろうなと、けっこう思ったりする。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-06-13 07:55 | diary | Comments(2)
Commented by disneycruise at 2009-06-14 14:54
ブランディン。行ってみたいのですが、なんか入りずらくて。
Commented by sandfish2007 at 2009-06-16 09:58
◇disneycruiseさん
こんにちは。『ブランディン』はいいお店ですよ。店主のひろみさんもすごく気さくな人なのでご安心を。

ブログ拝見しました。「大新」が取り上げてあって、嬉しかったです。
<< ニール・ヤングと涼しい風とよく... 夜の盗賊団 >>