ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Runnin' with the Devil

 コーヒーを煎れてから、トーストをしようとしたら、パンが切れてたんで、米を炊くことにした朝。こんなどんよりした天気だが、心の温度が高めなのかなんなのか、珍しくヴァン・ヘイレンのベスト盤をかけてるんだけど…、

 かっちょいいなぁ、ヴァン・ヘイレン。おーいぇー。

 頭カラッポな感じが、底抜けに楽しかったりする。ほら、イギリスのハードロックって、湿ってるというか、なにやら考えこんでたり、伝統の重みをまとってたりして、めんどくさいとこあるでしょ。そこいくとヴァン・ヘイレンは、理屈っぽいとこがてんでなっしんぐで、実に素晴らしい。“Runnin' with the Devil”なんてタイトルの曲も、太陽の下で悪魔と楽しくかけっこしてるみたい。それでいて、エディのあのギターだからねぇ。やるなぁ。オリジナル・アルバムを揃えようとまでは思わないけど、『5150』までの充実したベスト盤があったらほしいなぁと思ってみたりした。

 中学2年生のとき、ジョン・レノンの『Milk and Honey』を発売日に買いに行ったら、いつもの新星堂では売り切れてて、2軒目で無事買うことができて喜んでたら、同じ日に発売されたヴァン・ヘイレンの『1984』はどちらの店でも売切れだったことを翌日の学校で知り、ビートルズ・ファンとして軽く敗北感を感じたことがある。で、その後のバカ売れっぷりを見てさらに、きっと世界中で同じような状況だったんだろうなぁと、なんとなく思ったものだった。

 というわけで、「たまには頭をからっぽにすることも必要なんだなぁ」と思った朝なり。てなところで、米が炊けた。これから朝ご飯。いただきます。今日も1日がんばりませう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-07-01 08:58 | diary | Comments(0)
<< Tonight だらだらしたぜぃ >>