ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Let's Spend the Night Together

 ここ数日、なんだかストーンズづいてたりする。今も部屋では映画『Let's Spend the Night Together』が流れてたりする。このときのミックのパンツを「なんで?」と思いつづけて早25年あまり。おそらく、僕が初めて観たストーンズの映像は、ハイドパークでのライブか、この映画のものだったはず。確か、映画の公開に合わせて『ベストヒットU.S.A.』という音楽番組の中で紹介されたのを観たんだと思う。いやまぁ、全然良さがわかんなかった。でも、その数年後に深夜のテレビで放送されたのを観てからは、ずっと大好きだったりする。ついでに、「できればミックには違うパンツをはいてほしかったなぁ」と、今でも思いつづけてるわけでね。その分キースが異様にかっちょいいから、まぁいいんだけど。「キースがかっこよかった最後だな」と、昨日友人が言っていた。僕はあと1回くらいかっこよかった時期があると思うのだけど、なにはともあれ、このときのキースは、かっちょいい。

 …と書いてるところで、瀕死の状態だったビデオ・デッキが、どうやらお亡くなりになったみたい。押しても引いても振っても叩いても、うんともすんともいわない。ふみゅー。

 しょうがないから、レコードでもかけよう。『Still Life』でも聴こう。そうしよう。

 それにしても、キースがただコードを押さえて、じゃかじゃーんと弾くだけで、なんであんなにかっちょいいのだろう?で、他の人がやるとちっともかっちょよくないのはなぜだろう?それは当たり前のことのようであり、とても不思議なことのようでもある。

 さて、『Sandfish Records Night Vol.2』もいよいよ来週(7月26日の日曜日)。ニュー・リリースを控えて久しいレーベルとしては、外へ音楽を発信する大切な機会、みんなの顔が見れる貴重な場だと思ってます。素敵なイベントにすべく関係者一同がんばってますので、芋洗いのようなフジロックなんかほっといて、ぜひ遊びに来てくださいね(にっこり)。

 Let's Spend the Night Together!

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-07-19 15:10 | diary | Comments(4)
Commented by sato at 2009-07-20 10:21 x
ご無沙汰です。海の日ですね、かと言って私は、海に関係ない生活してますが。
私もスコセッシの映画『SHINE A LIGHT』のDVDリリースをきっかけにストーンズ付いてるこの頃ですが『Let's Spend the Night Together』、やはりストーンズの映画としては、これを上回るものは無いなと再認しております。ミックのパンツは、確かアメフトのユニフォームをイメージしたデザインだったと思いましたが、その先入観無しに観るとたしかに「なんで?」かもしれませんね。確かにキースが一番カッコ良かった頃です、この頃は、最強ですね。
『Let's Spend ・・・』は、デジタル・リマスター版が出たみたいですが、どうなんでしょう、かつてのLD版の素晴らしい画質に少しは近づいているんでしょうかねえ。 

真夏のブルース・・・じめじめっとした日本の夏には、ある意味異様に合います。私の夏ブルお勧めは、ジョン・リー・フッカーのKING盤『Sing The Blues』(真珠ジャケ)です。サウナが好きな人にはうってつけかとww
Commented by sandfish2007 at 2009-07-20 15:39
こんにちは。お元気でしょうか?僕も海の日に海へ行くことなく、今のところはせっせと仕事をしております。ふぅー。

ミックのフットボールパンツ姿は、動きやすさを求めてのことなんでしょうけど、あの股間のもっこりと、足も細さが際立ち過ぎてて、どうしたもんかなぁと。えっと、個人的な感想であります。キースは文句なしにかっこいいですよねぇ。僕は“Beast of Burden”がストーンズの曲の中で一番好きなんですけど、このときのキースの映像もけっこう影響してるように思えます。『Let's Spend the Night Together』、オープニングとかきれいな画質で観たら本当に素敵だろうなぁと思います。

ジョン・リーの『Sing the Blues』は持ってないです。ブルースのレコードをいっぱい持ってる友人がいるので、今度頼んで聴かせてもらおうと思います。お薦めありがとうございます。
Commented by sato at 2009-07-20 17:22 x
キースは前髪上げたのがこのツアーの時からですよね。このころが一番痩せてる様に思います。“Beast of Burden”私も大ベストソングです。ストーンズって、タテノリのアップテンポより絶対こういったミデアム・テンポの横ノリの曲がかっこいいと思います。『ホンキー・トンク・・・』も『ダイス・・・』もしかりですね。アップテンポもスタジオでは、遅いテンポで録ってるとこがいいです。

ジョン・リー・フッカーのKING盤、『どんより』という意味ではお勧めです。スカッとしたものならジェイムス・コットンの『100%cotton』あたりは、夏もいいですが、でも夏ブルの醍醐味は、そよ風ひとつ無さそうなジットリ感ですかね(笑)

Commented by sandfish2007 at 2009-07-21 07:15
横ノリ・ソング、確かにそうかもしれませんねぇ。キース的に言うと、ロックン・ロールのロールの方でしょうか?僕の好みも横ノリものの方が多いような気します。

日本の夏には、じと〜っとしたブルースがやっぱりよろしいかと。ジョン・リー、聴くのが楽しみです。
<< 3夜夢物語 花みずきのローリング・ストーンズ >>