ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Tokyo City Hierarchy

 昨夜は江ノ島の花火大会だった。アルバイトが終わって、自転車で帰宅しているときの道路は、いつもより混雑していた。花火は、きっときれいだったと思う。

 近所で毎年行われているこの花火大会。昨年は、10歳くらい歳上の友人宅のベランダで、その友人が用意してくれた料理を食べながら眺めた。その前の年は、仕事をやめたばかりの友人と、海まで歩いて行って、ビール片手に見た。花火が上がる前と上がった後には、たくさんのレコードを聴いた。その前の年は、藤沢駅前の喫茶店である人と会っていた。僕らは言葉をさがしながら、ぽつりぽつりと話をした。その前の年も、もうひとつ前の年も、さらにもうひとつ前の年も、記憶はおぼろげだけど、僕は海辺で上がる花火を見上げていた。

 時間がちゃんと流れていってると感じる。少しづつ、でも確実に、僕の周囲は変わり、状況も変わり、そして僕自身もまた、変わっていってるのだと思う。その流れに抗うことは、なかなか難しい。でも、それでいいのかなとも思う。何が変わり何が変わらなかったのか、何が残り何が去っていったのかがわかるまでには、もうしばらく時間がかかるのだろうから。

 昨夜は、そんなことをぼんやりと考えながら、硬質な優しさを求めるようにして、ルー・リードのレコードを聴いていた。そしたら、その前日に、僕の前でビールを飲んでいた山口洋さんの顔が、なんとなく浮かんできた。で、なんとなく「トーキョー・シティ・ヒエラルキー」を聴きたくなった。

 山口さんには、風に向かって立っているような風情がある。後ずさりすることを拒むかのような意志が、ときおり滲む。で、この曲を聴くと、その横を、たくさんのものが流れていったのかもしれないなと思う。でも、山口さんは今も風に向かって立っていて、あの夜は僕の前でビールを飲んでいたと。音楽を聴いていたと。結局は、そういうことなのかもしれないし、それでいいんじゃないかなぁと思ったりした。で、いつか、ずっと先でもいいから、行きたいと思う場所に辿り着けたらいいなと思ったりした。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-08-05 21:46 | diary | Comments(2)
Commented by える at 2009-08-06 20:14 x
インマイライフ
聴いてるみたいに心地よい日記ですね。





いいです。とても。





海行きたくなりました。
Commented by sandfish2007 at 2009-08-07 08:12
◇えるくん
そんな風にほめてもらえると、とても嬉しいです。
“In My Life”は大好きです。後で聴こうと思います。
海、いつでも、遊びに、来てくらさいっ!

MIYAI
<< だらだらと過ごす 小坂忠を観た夜 >>