ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Hey Bulldog

 昨日は、肉じゃがに振り回された1日だった。みりんのつもりがお酢を入れていたことに気づいたときは、随分がっかりしたけれど、友達がメールで対処方法を教えてくれて、言われた通りにしたら、どうにか普通に食べれるくらいにはなった。だから、夜にはご飯を炊いて、味噌汁をこさえて、無事に肉じゃがを食べることができた。思い通りの味ではなかったけれど、もう気にならなかった。そもそも、思い通りの味にできるほど、自分の料理の腕が上等じゃないことくらいは、よくわかっている。

 友人がリマスターされたビートルズのアルバムを何枚か貸してくれた。立体的で、リアルで、フィルターが取れたような、とても良い仕上がりだと思った。すっかり感心した僕は、興奮気味に何人かの熱心なビートルズ・ファンの友人にメールを送った。昨夜もステレオの前に座って、そんな話をした。「これはなんて曲?」と訊かれ、「“Hey Bulldog”だよ」と教えたりした。イントロのピアノが激しさを増し、ジョンのヴォーカルが鋭く突き刺さってきて、たまらなくかっこよかった。

 寝る前には、やはり友人から貸してもらったエリック・クラプトンの自伝を、ぱらぱらと読み始めた。頭からきちんと読むのではなく、エリックとジョージ・ハリスンとパティ・ボイドとの関係の顛末をいやらしく拾い読みした。それだけでも、この本がエリックのレコードと同じくらいに正直なものであることが、よく伝わってきた。僕はエリックの歌を聴かずにはいられなくなり、ベッドから起き上がって、『Pilgrim』をプレーヤーにセットした。それからまたベッドに戻り、しばらくの間、この本を読み耽った。

 ビートルズのリマスターもクラプトンの自伝も、彼らにさほど興味のない人にとっては、別段価値のあるものではないのかもしれない。でも、僕には深い意味がある。なにがきっかけでこれほど大きな差が生まれるのだろう?不思議なもんだなと思う。

 明け方に降っていた雨もあがり、今は小鳥の声が聞こえる。歩いて出かけるか、自転車に乗るか。もう少し考えてから、アルバイトに行こう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-09-29 08:58 | diary | Comments(0)
<< Early Morning So Sad >>