ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

雨のウェンズデイ

 スティーヴン・タイラーがエアロスミスを抜けるとかいうんで、「あれまぁ」とつぶやきつつ名盤『Rocks』をターンテーブルにのっけてみたりする。このゴリゴリッとした肌触りのロックには、なんともいえない味わいがある。長く一緒にやってれば、いろんなことがあるだろうし、ずっと同じ関係を続けるのは大変なことだ。だから、脱退は残念だけど、みんなもういい歳なんだし、後悔しないようにそれぞれが好きなことをするのは、悪いことじゃないと思う。少なくとも、ファンのために嫌な場所にいつづける必要なんてないんだと、僕は思っている。ただ、スティーヴン抜きのエアロや、スティーヴンのソロを僕が積極的に聴くかといえば、それはまた別の話なんだけど。

 昨夜から雨がずっと降っていて、今も降っている。天気予報によれば明日もずっと雨なんだとか。こういうのも久しぶりな気がする。こんな日に出かけるのはかったるいけど、そこそこの雨なら、傘に当たる雨音を聞きながら歩くのは、それはそれで悪くなかったりもする。いつもと違う気持ちになれるので。

 雨も嫌なのは濡れ始めで、ずぶ濡れになってしまうと、冷たい冬の雨でなければ、逆に気持ちよかったりする。どしゃぶりの中、びしょびしょになりながら、自転車をこいでるときなどに、よくそんなことを思ったりした。野外ライヴなんかも、けっこうそうだったりする。きっと、雨が降ったらどうしようとか、濡れちゃったら嫌だなぁとか、そういう心配事がなくなって、気持ちがすっきりするというか、ハイになるんだと思う。

 今日は11月11日。1がたくさん並んだ日。なんとなく、おめでたいような、そうでもないような。外は雨だけど、心にはやっぱり陽が射しますように。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-11-11 09:23 | diary | Comments(0)
<< Never to Return 夏が来て僕等 >>