ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Earth Wind and Fire

 なんだかとてつもなく平和だったりする。そんな日和だったりする。こんな日には、洗濯機が回る音も平和的で、パスタの茹で上がりも親しげで、ソニー・ロリンズが吹くテナー・サックスの音はいつも以上に鷹揚としてて、シェリー・マンが叩くブラッシュ・ワークの音もいつも以上に軽やかに聞こえたりする。このままだと休日になりかねない。気をつけないと。

 今日は勤労感謝の日。いつもお仕事ご苦労さまといった意味の祝日だと思うのだが、僕の場合、日頃のがんばりが足りないというか、さほど苦労もしてない気がするので、やっぱり今日も仕事をしようと思っている。夕方前には北海道の友人が泊まりに来ることになっているので、少なくともそれまでは。

 昨夜は、いつもお世話になっている隠れ処「海樹」にて恒例のディスコ・ナイト。「サウサリート」のマスター=ジョージさんが(おそらくなんの気なしに)始めて、気づけばもう随分と回を重ねたことになる。行ってみると、店内は知らない人達でいっぱいでびっくりした。僕があまり飲み歩かなくなったここ数ヶ月のうちに、なんらかの「入れ代わり」みたいなものがあったのかもしれない。でも、それはそれで、きっと正しいことなのだろう。誰だってずっと同じ場所にはいられない。いつの時代も古い人達は去り、新しい人達がやって来る。そして、空いた席に座る。そんなものだと思う。

 食べ放題では申し訳ないレベルの料理をしっかりいただき、よく冷えたビールを飲んでいると、ぽつぽつと友人達がやって来た。しばし親交を温めた後、ひと足先に帰宅。やりかけの仕事を済ませ、風呂に入り、ベッドの中で読みかけの小説をぱらぱらとめくった。いつしかうとうとし、電気をつけたまま寝入っていた。夢うつつな頭の中を、アース・ウインド&ファイアーの歌が、ぐるぐると回っていた。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-11-23 12:19 | diary | Comments(0)
<< 和民と時代劇とあれこれと Out of Sight >>