ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

木曜日の歌

 雨の木曜日。そういや、木曜日の歌と言われても、ぱっと思い浮かばない。日曜日はヴェルヴェット・アンダーグラウンドの“Sunday Morning”、月曜日はカーペンターズの“Rainy Days And Mondays”、火曜日はバッド・フィンガーの“Sweet Tuesday Morning”、水曜日はリサ・ローブの“Waiting for Wednesday”、金曜日は…えーっとうーんと…ドリカムの「決戦は金曜日」、土曜日はシカゴの“Saturday in the Park”と、なんかしら出てくるんだけど(金曜日はあぶなかったけど)、木曜日だけなぜか思い浮かばない。ちょっと悔しいし、わずかに可哀想でもある。

 そんな朝に聴くイーサ・デイヴィス。木曜日のイーサ・デイヴィス。雨の日のイーサ・デイヴィス。リンゴをかじりながらイーサ・デイヴィス。イーサの歌は、どんなときも、とても優しい。

 昨日、友人から食料が届いた。買おうと思っていたお米や、食べたいと思っていたみかんや、卵や大根やニンジンなんかが入っていた。さんきゅーまいふれんど。これでどうにか年を越せそうだよ。送り状には「支援物資」と書かれていた。なんだか戦場にいるみたいだと思った。

 友人の奥さんの実家が農家という流れで、お裾分けをいただいたわけだけど、農業というのは本当に大変な仕事だと思う。豊作だと値が下がり、不作は借金を生む。なかなかちょうどいい案配というわけにはいかない。だから、なにかをいただいたら、なにかを返せて、お互いが足りないものを補い合えたらいいのになと思う。例えば美味しい魚を獲って届けるとか、そんなことができたらいいのになと思う。ただ思うだけなんだけど。

 そんなことを考えながら聴くイーサ・デイヴィス。雨音まじりのイーサ・デイヴィス。みかんをいただきながらイーサ・デイヴィス。なんだかほっとする。

 今日はこれから鎌倉までラジオの収録。いったん部屋に戻ってから、午後は人と会うため藤沢へ。地元で仕事ができるのは、ありがたい。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-12-03 09:27 | diary | Comments(2)
Commented by jerry at 2009-12-03 19:21 x
Timothy B. Schumit の新譜で、Friday Night という楽曲があります。
ガース・ハドソンがオルガンをヴァン・ダイク・パークスがアコーディオンを弾いています。
超、お気に入りの曲なんです。
Commented by sandfish2007 at 2009-12-04 07:29
◇jerryさん
ありがとうございます。へぇー、聴いてみたいなぁ。
聴いたらこっそりチェンジしとこうと思います。押忍。
<< 夕焼け小焼け It's Forever >>