ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

夕焼け小焼け

f0182140_930858.jpg

 よく晴れた朝の空気は気持ちがいい。雨上がりだと尚更。陽射しのまぶしさが嬉しい。そんな朝にビル・エヴァンスのレコードをかけると、世界は希望で溢れているように思える。そんなことはないのだろうけど、そんな気がする。大事なことだと思う。

 昨日はずっと雨が降っていた。僕は鎌倉小川軒へ出かけ、美味しいシュークリームとスウィート・ポテトと煎れたてのコーヒーをいただきながら、2 回目の「サンドフィッシュ・カフェ」の収録をした。できるだけ自然な雰囲気でやろうよと、テープを回しっぱなしにしてもらい、だらだらっと語らう。これがどう仕上がるかは、番組ディレクターである梶村氏の手腕にかかってたりする。えっと、どうぞよろしく(無責任)。終了後、小川軒の若旦那=チュウソンと番組パーソナリティーのはっとくんと、お蕎麦屋さんへ。「子供を産むと女は変わる。怖い」という話を黙って聞く。お蕎麦も天婦羅はとても美味しかった。チュウソンくん、ご馳走さまでした。

 一旦、部屋に戻ってから、資料を持って再び江ノ電に乗って、今度は藤沢へ。フリーペーパー、広告代理店、出版社の方々と待ち合わせる。「では、行きましょうか」と、グッド・ロッキンな立ち飲み屋さん「はるもき」へ。どういう用件か知らずに顔を出したんだけど、不動産がらみのイベントをやるんでうちにも絡んでほしいという、なかなか面白そうな話だった。これからはレーベル運営も多角的になっていく必要があるので、こういう話をもらえるのはありがたい。まだ具体的なことは決まっていないようだったが、もしゴー・サインが出れば、一気に動き出すのだと思う。楽しみなり。

 簡単な買い物をして帰り、マカロニサラダと大根の煮付けを食べながら、ビールを飲んだ。残った大根をおろして、みぞれ鍋にした。大好きな「男はつらいよ/寅次郎夕焼け小焼け」を観た。僕はこの映画を観るたびに、いつも同じ場面で涙が出る。寅さんを観て僕が涙を流すのは、多分、この作品だけだと思う。それから「三丁目の夕日」を途中まで観て、ベッドで読みかけの小説を読んで、寝た。ずっと雨だったけど、久しぶりに充実したいい1日だった。

 で、今日はとても天気がいい。きっと、夕焼けも小焼けもきれいなことだろう。がんばってこう。おー。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-12-04 09:29 | diary | Comments(0)
<< 土曜日の朝は 木曜日の歌 >>