ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

今日も日記をつけることができた

 昨日は都内をあちこち歩いて、スタンディングのライヴを観て、人身事故で遅れた満員電車に乗って帰ってきたので、こてっと寝たし、すかんと寝坊した。で、今はなんとかゴミ出しに間に合ってほっとしてるところ。ふー。

 ダイアン・バーチのライヴは、素晴らしかった。若くて才能のあるアーティストだけが持つ、あのきらきらとした生命力はまぶしいほどで、今年観たライブではナンバーワンだった(あまり観てないんだけど)。70年代的なのに今風というか、今風なのに70年代的というか、これはこれで新しいのかなと思ったりした。とにかく、アルバムよりも遥かにライブの方がいい。カヴァーに逃げずに、オリジナルで勝負しているところも清々しかった。

 ライヴ前に、今年お世話になったCDショップへ挨拶まわりする。1枚もニュー・リリースがなかったのに、いろいろ気にかけてもらったことへの感謝を伝える。みんな笑顔で迎えてくれて嬉しかった。と同時に、この業界が今大きな方向転換を強いられていることを、改めて肌で感じたりもした。閉店、規模縮小、在庫のスリム化。CDショップから、音楽的な部分、遊びの部分が、着実に姿を消して行っている。でも、それによってまた新しい隙間ができるし、そこに新しい人達がやって来て、自分のスペースを確保していくのだと思う。なら、自分もそうやっていけばいい。目の前に広がっているのが厳しい荒野だとしても、自由に使える土地はたくさんある。変化というのは、結局、そういうものなんだと思う。

 さて、そろそろ出かけよう。寝坊したけど、今日も日記をつけることができて、よかったよかった。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-12-11 09:56 | diary | Comments(3)
Commented by Joe Cool at 2009-12-11 11:13 x
お疲れ様でした。
帰りの電車がまたそんなことになっていたとは・・・。

僕は、お陰さまで今年は結構ライヴに足を運ぶことができましたが、
その中でも間違いなく上位にランクするライグでした。
バンドも良かったし、何より本人のヴォーカルが、力強く、表情も豊かでした。

Commented by jerry at 2009-12-11 19:42 x
来年、2月のスーパーボウルのハーフタイムショーが、The Who に決定したようですね。

すごい偶然なんですが、持っている、『Working On A Dream』のアナログから車で聴くために、
MDに録音したのですが、ちょっと余っていた部分にThe Whoの結成25周年時の、Won't Get Fooled Againの12インチシングルを追加していたのです。

ポール→ストーンズ→トム・ペティ→スプリングスティーン→The Who
またもや、アメリカの最大のイベントに英国人を…、アレサ・フランクリンの心中はいかに・・・。

Outlaw Pete Townshend の選曲が楽しみです。
Commented by sandfish2007 at 2009-12-12 08:07
◇Joe Coolさん
とてもいいライブでしたね。たくさんのライブをご覧になっているJoe Coolさんからの高評価は嬉しいです。1年の終わりにいいもの見せていただきました。どうもありがとうございます。ダイアン自身はもちろん、バンドのサウンドも良かったですね。今後が楽しみです。

MIYAI

◇jerryさん
ほぉー、お次はザ・フーですか。やっぱり盛り上がるんでしょうねー。楽しみです。アレサは、白人率の高さも気になるのかもしれませんね。

ダイアン・バーチ、ライヴでトム・ペティの“You Don't Know How It Feels”を演りましたよ。途中でビートルズの“I've Got a Feeling”をはさんで。なかなかかっちょよかったです。

MIYAI
<< 今日は梅庵とケインズへ Nothing But a M... >>