ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Christmas Time in Blue

 穏やかな時間が流れている。ポール・マッカートニーのクリスマス・ソングをかけながら、ストレッチをいつもより入念にやる。体がぽかぽかとあったまっていく。ベランダで深呼吸をする。冷たい空気があったまった体に心地良い。

 昨夜は、いつもお世話になっている隠れ処「海樹」の6周年ということで、これまたいつもお世話になっているサックス・プレーヤーのSammy氏やベーシストのシミケンがやっている大人ロックなバンド=ギアマンのライヴ、マジシャン=WADDYのマジック・ショー、そして「海樹」の美味しい料理が食べ放題という、それはそれはお値打ちな夜だった。

 で、僕はといえば、すっかり食べ過ぎてしまい、「うーんうーん…」と唸りながら寝たのだった。自分の意地汚さを痛感した夜だった。あー苦しかった。

 Sammy氏の奥様=ヒロミちゃんが、店の外にポータブル・レコード・プレーヤーを用意していて、「ねー、これ知ってる?」と言ってかけたのが、佐野元春の「クリスマス・タイム・イン・ブルー」の12インチ・シングルだった。ヒロミちゃんは、今この曲がたいそうお気に入りなんだそうで、繰り返しかけていた。「わぁー、懐かしいなぁ」と僕も酔っぱらいついでに一緒になって歌う。そこに遅れてやってきたビートリィな友人。僕が「歩きつづけよお〜 ♪」と歌っていると「そのまま歩いてっちゃってください」と言い、「僕はあきらめなーいー♪」と歌えば「あきらめてくださいよ(溜息)」と言ってきたりする。おーいぇー。

 この夜、僕は「クリスマス・タイム・イン・ブルー」を3〜4回聴いた。で、一緒になって歌った。いい曲だなと思った。ちょっぴり高校生だった頃のことを思い出した。みんな元気かい?

 さて、今日はクリスマス・イブ。ポールのクリスマス・ソングが、楽しげに流れている。今夜は部屋でのんびりと過ごすつもり。その前に買い物などするつもり。

 今宵が皆さんにとって素敵な夜でありますように。らーめん。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2009-12-24 10:18 | diary | Comments(0)
<< 聖夜の『明日に向かって撃て!』 嗚呼、ボブ・ディラン >>