ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

『ロックで独立する方法』を読んで

 『ロックで独立する方法』を一気に読了。やはり凄い本だった。清志郎が書いていることは、多くの部分で僕も同じように思っていることだった。でも、ここまできっぱりと語ることは、今の僕にはまだできない。この差はものすごく大きい。

 でも、とにかくすごく励まされた。清志郎のような人が、自分と同じように思っているということに、勇気づけられた。

 ひとりでなにかをやるのというのは、それが山登りであれ川下りであれレーベル運営であれ、まぁなんであれだけど、心細いものだ。心細いからこそ、ひとりでやることに意味があるわけだけど。小さな決定から大きな決定まで、すべて自分で決めるというのは、すっきりしている分、なかなかしんどいものだったりする。もし近くに誰かがいて、僕が決めたことを「それでいいんじゃないの」と一言でも同意してくれたら、どんなに楽だろうと思うことがよくある。人なんてそれほど確信をもって生きてるわけじゃないから、「ほんとにこれでいいのかな?」といつも心のどこかで思ってしまう。ひとりなんて、たいていは立場も弱いから特にそうだ。でも、どっかで線を引いて、自分を信じて、前に進んでいくしかない。ひとりでなにかをやるというのは、そんなことを毎日繰り返すことでもある。僕の場合は、好きなことをやっているわけだし、半分遊びのようなところもあるから、なんとかなっているんだと思う。

 だから、僕はこの本を読んで、自分のやってることに同意してもらえたような気がした。清志郎もそう言ってるんだし、このままがんばってこうと思ったりした。嬉しかったし心強かった。そう思えるのって、案外大事だったりする。で、いつか僕も清志郎のように、きっぱりとした口調で話ができるようになりたいなぁと思った。もっと歳をとってからでいいから。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-01-11 10:15 | diary | Comments(0)
<< 今年最初のラジオ収録 ロックで独立する方法 >>