ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Most of the Time

 1個80円のメンチカツを3つ買った。ひとつは昨夜パンに挟んで食べ、もうひとつはさっき炊きたてのご飯と一緒に食べた。残ったひとつは弁当箱に詰めた白米にのっけようと思っている。ほんとは1個50円のコロッケにするか迷ったんだけど、なんとなく肉の方がガッツ入るかなぁと思って。で、とりあえずガッツ入ったのか、今朝はちゃんと早起きができた。昨日はずるずるとベッドの中でうごめいていた。きっと、肉が足りなかったのだろう。

 結論:肉食万歳。

 夜明け前にボブ・ディランの“Most of the Time”をかける。たいていの時間は、ちゃんとわかってるんだとディランは歌う。自分がどこにいるのかも、なにをしてるのかもわかってる。心だってちゃんとコントロールできてるし、みんなともうまくやっていけてる。そして、彼女が行ってしまったことにも気づかない。

 これや“What Good Am I ?”みたいな孤独な曲を、しかるべき時間にしかるべき場所で聴くというのは、なんともいえないやるせなさがある。でも、とても美しい。

 そんなディランが3月にはやって来るわけでね。ほんとに楽しみだ。前の来日が9年前というのには、今さらながら驚いちゃうけど。そんなに時間がたったなんて、とても信じられない。さぞや、かっちょいいおじいちゃんになってることだろう。ほんとに楽しみでしょうがない。

 僕は、ディランからたくさんのガッツをもらってきた。あんなにガッツがある人だから、きっとディランも肉食万歳なんだろうなぁと思ったりする。で、あんなにガッツがあるからこそ、『Oh Mercy』ような美しいアルバムを作れるんだろうなとも思う。

 たまには焼肉でも食いたいものなり。あいあい。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-01-13 08:19 | diary | Comments(0)
<< 冬らしい日に 今年最初のラジオ収録 >>