ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Bad Girl Songs

 トニー・コジネクの『Bad Girl Songs』をかけながら、部屋の空気を入れ替え中。はかなさを秘めた歌が、ひんやりした風にのって、きらきらと揺れながら、流れ去っていく。そんな昼下がり。

 昨夜は大学時代の友達2人とお酒を飲んだ。ひとりは学校の先生をやっている。ポジティヴな批判性をもった男なので、先生には向いていると思う。きっと生徒にも人気があるんだろうけど、本人にそんなことは言わない。故郷の高知県で結婚し、奥さんと小さな子供がふたりいる。もうひとりは病院で夜勤の仕事をしていて、もう10年以上になる。そろそろ夜勤はしんどい歳だとも思うのだが、そいつは今も超人的な体力を保持しているので、問題はないみたいだった。そういう意味では向いてるのかもしんない。未婚。鎌倉の実家で両親と数台の自転車と一緒に暮らしている。

 久しぶりに会って、僕らはいろんな話をした。細かいことを説明しなくても、だいたいのことはわかりあえるのがいい。昔からの仲間とはいいものだなと思った。1軒目の居酒屋では高知県在住の友達が支払い、2軒目のバーでは鎌倉在住の友達が支払った。じゃ、3軒目のラーメン屋は僕がと思ったら、もうなにも食いたくないからいいと言われた。わりぃね。

 近所のスーパーで日本酒とニンジンとティッシュペーパーを購入して帰宅。ワインをくびくび飲みながら、うだうだと話をする。日本酒を飲む。大根の皮のきんぴらをつまむ。グラディス・ナイトのレコードをかけたときには、かなり酔っぱらっていた。ひとりになると、ベッドに寝転び、溜息をひとつついた。それはぼんやりとした靄となって中空を舞い、僕を上にふんわりと落ちてきた。そんなわけで、今朝は少しだけ頭が痛かった。もう平気だけど。さ、今日も飲もう。そうしよう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-01-31 15:07 | diary | Comments(0)
<< ごろん ジェローム・デヴィッド・サリンジャー >>