ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

ハレルヤ

 知らぬ間に雨が降ってたようで、路面が濡れてたりする。

 日曜日の夜に、馴染みのバー「ケインズ」で行われたカナディアン・ナイトは、とても楽しかった。トニー・コジネク、ニール・ヤング、ブルース・コバーン、ジョニ・ミッチェル、レナード・コーエンといったカナダのアーティストの歌をみんなで演奏したり、詩の朗読をしたり、いろんな種類のレコードをかけたりした。とてもカナダらしい夜で、寒い国ならではの温かさがちゃんと伝わってくるような、そんな時間だった。

 僕は自作の詩を読んだ。昨日の日記がそれなんだけど。もう3回目だから、緊張はしなかった。僕は人前で演奏できるほどギターも歌も上手じゃないから、こういう形で参加できるのは嬉しい。

 シャンゴーズや遊鳥でヴォーカルをとっている前川ともこ嬢の歌が、僕にはとりわけよかった。普段はポルトガル語でブラジル音楽を歌うことの多い彼女が、英語でジョニ・ミッチェルとレナード・コーエンを歌った。情感のこもった静かな歌声が、深く胸に沁みた。

 今は、ニューリリースの準備に追われている。発売日も決まり、それに合わせて様々な締切りが決まっていく。細かいことを忘れてたり、パソコンに不具合がでたりと、なんだか大変だけど、とても楽しい。で、せっせと働いた後のご飯は美味しい。なによりの幸せだと思う。

 反省することもあったけど、いい1日だった。ひきつづきがんばっていこう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-03-02 08:56 | diary | Comments(0)
<< It Was 20 Years... カナダの詩 >>