ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

It Was 20 Years Ago Today

 歯を磨いて、朝ご飯を食べて、ストレッチをして、コーヒーを飲みながら、日記つけてる。ポール・マッカートニーの歌を聴いてる。そんな2010年の3月 3日の朝。「あれから20年ですね」というメールが友人から届いた。そうなんだ。いっとわずとぅうぇんてぃーいやーずあごーとぅでい♪とポールが歌うのを生で初めて聴いたのは、ちょうど今から20年前の今日のことだった。

 あのとき僕は20歳。今は40歳。還暦まであと20年。なんだかなんだか。

 2浪目の最後の入試が終わった日、ポールは日本にやって来た。急いで家に帰ってテレビをつけた。ポールが成田空港のロビーに姿を見せたとき、全身がぞわっと粟立ち、言葉にならない痺れるような感覚に包まれたのを、今でも鮮明に思い出すことができる。麻薬の前科からポールやストーンズが日本に入国できるなんて、ほんとに誰も思ってなかった頃のこと。そんな彼らが相次いで来日したわけで、それはもう大変で、とてもじゃないけど他のことなんて考えてられなかった。

 友人からのメールで、その頃のことをなんとなく思い出してたりする。あのときのツアー音源を収録したライヴ盤を聴いてたりする。PCを立ち上げたら、ポールの新しいツアー日程を知らせるメールが届いていた。あれから20年。ポールは今も元気だ。

 もしポール・マッカートニーがいなかったら、今頃僕はなにをしているのだろう?あのなにものにも代え難い心の震えを知らないまま、生きているのだろうか?

 20年前の今日。東京ドーム。ポール・マッカートニーの来日公演。今もあの頃と変わらない気持ちであなたの歌を聴いている。そんな2010年の3月3日の朝。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-03-03 08:52 | diary | Comments(2)
Commented by jerry at 2010-03-03 12:09 x
私も、20年前の初日になった公演に行きました。
日程変更になって、まさか初日に観れたなんて、今でもいい体験をしたと思っています。

ご友人から、メールが届くなんて、その方もかなりの思い入れがあるようですね。

ライヴ中は、ほとんどの曲で涙がボロボロでした。
「なにものにも代え難い心の震え」・・・そうですね、しっかりと覚えています。

Commented by sandfish2007 at 2010-03-03 23:09
◇jerryさん
あの日程変更には泣かされた人もいたでしょうね。悲喜こもごも…といったところでしょうか。

メールをくれた友人は、それももう大変な思い入れの持ち主です。言われなかったら、僕はきっと気づかずにスルーしてたと思います。

まさかポールのライヴを観れるなんて、考えもしなかったですからね。夢のようでした。髪が長くてかっこよかったな。

MIYAI
<< A Little Bit Hi... ハレルヤ >>