ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

すべてAC/DCのせいさ

 昨夜から強風が吹き荒れている。気温も上昇中。ということは、花粉がぶんぶんぶん。完全防備で出かけないといけないんだろね。いやだねったらいやだね♪

 昨夜は埼玉県でAC/DCの来日公演があり、何人かの友人が足を運んでたりする。僕は行けなかったんで、部屋で『ギター殺人事件/流血ライヴ』を聴きながら焼酎を飲んでいた。

 30年以上も前のレコードなのに、今でも生きがいいというのは、一体なんなのだろう?

 まったくすごいもんだなぁと思っていた深夜、お腹が空いてきた。ちゃんと晩ご飯も食べたんだし、ここは我慢するところなんだけど、AC/DCを聴いてるとそんな小さいこと言ってちゃいけないような気がして、焼そばを作って食べた。そしたら、もうちょっと食べたくなった。今度こそ我慢のしどころなんだけど、AC/DCを聴いてるとそんなスモールなこと言ってる場合じゃないような気がして、ペヤングにお湯を注いだ。

 で、今朝起きたら、お腹が少しもたれていた。全部AC/DCのせいだ。全面的にAC/DCが悪いんだと思う。

 そんな気分で聴く“Highway to Hell”。気持ちいい。おーいぇー。

 数年前にビリー・ジョエルを観に行ったとき、ドラマーのおじさんがハンドマイクでこの曲を歌った。本国ではさぞや盛り上がるんだろうけど、日本では今ひとつな感じだった。さすがのAC/DCも日本のビリー・ジョエル・ファンの間では、あまり認知されてないんだなぁと思ったりした。

 はーいうぇいとぅへる♪今日が痛快な1日でありますように。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-03-13 08:10 | diary | Comments(2)
Commented by jerry at 2010-03-14 10:57 x
今朝は、私も、AC/DCを聴いています。
大学生の頃買ったアルバム、『Ballbreaker』(アナログLP) です。
前年に買った、トム・ペティのセカンドソロ、『Wildflowers』 と
同じ、リック・ルービンがプロデュースしていたのでそれは楽しみでした。

大学の時は、友人の影響もありよく聴いていました。
今回の来日も「一緒に行かないか?」と誘われていたのですが・・・。

ワールドツアーのセットをそのまま持ってきたようですね。
ジェット機1台分、まるまる機材だそうで、コレだけで輸送費が1億円かかるようですよ。

確かに、AC/DC を聴くと、気持ちがでかくなりますね。(笑)
Commented by sandfish2007 at 2010-03-14 11:21
◇jerryさん
ジェット機1台分、輸送費1億円ですかぁ。なんとまぁ豪快な。すごいセットだったみたいですね。やるからにはとことんやる。これぞロック魂。迷いの多い今の時代だからこそ、迷いを感じさせない彼らのロックン・ロールは強く支持されるのかもしれませんね。

気持ちが大きくなるのいいことです。元気と勇気をもらえるのは、ロックン・ロールの効用ですね。

MIYAI
<< Let There Be Rock コケコッコゥ!! >>