ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Empire Burlesque

 もーいーくつねーるーとーぼーぶーでぃーらーんー♪

 えっと、今日は木曜日。ということは、明日は金曜日だな。となると、明後日は土曜日で、その翌日は日曜日か。そうか。で、これがそんじょそこらの日曜日じゃないわけでね。ボブ・ディランの東京公演初日なわけでね。

 いやー、やばいな。長く曲がりくねった人生の中でも、これほど重要な日曜日には、そうそうお目にかかれないのではないか?だってさ、ボブ・ディランのライヴの日だかんね。スペシャルだぜ。

 昨夜は『Empire Burlesque』をターンテーブルへ。これは僕が高校1年生のときの作品。ひきつづき『Knocked Out Loaded』をターンテーブルへ。これは僕が高校2年生のときの作品。ディランのキャリア中もっとも軽視されている2枚…と言ってもいいかもしれない。みんながディランから離れていった頃のこと。そんな時期に僕はファンになった。だから、けっこう鍛えられたというか、もうなにが来たって怖くないみたいなところがある。共に苦しい時期を乗り越えたような、そんな気持ちを勝手にもってるのかもしれない。

 当時は、いくつかの曲で聞かれる女性コーラスに馴染めないものがあった。今もない方がいいとは思うけど、もうそれほど気にならない。いろんな音楽を聴いてきて、ディランの意図のようなものが、僕にもいくらか理解できるようになったからかもしれない。

 『Empire Burlesque』には、美しいバラードが2曲収録されている。“I'll Remember You”と“Emotionally Yours”。ディランらしい語り口のラヴ・ソングで、祈るような求愛の歌だ。じっと耳を傾けていると、ディランの揺らぐことのない精神性を感じることができる。だから、ずっと聴いてきたのかもしれない。まだ高校生だったあの頃、そこに触れることができたから。

 あと3つ寝ると特別な日曜日がやってくる。僕はボブ・ディランに会いに行く。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-03-18 09:35 | diary | Comments(2)
Commented by jerry at 2010-03-19 02:19 x
私が高校生の頃でたのは、『Oh Mercy』 と 『Under The Red Sky』 なんです。


みんな色々な時期のディランから入っているんですね。
ディランより先に、The Byrds を聴いていました。

『Empire Burlesque』 の曲は、ブートシリーズで聴けるバージョンの方が絶対にいいと思います。
あの時代のディランの迷いは自伝にも書かれていましたけど・・・、
ハートブレイカーズとのツアー、その後のウィルベリーズで完全復活したディラン。

そんなディランの来日公演、私は毎日セットリストをチェックしています。
MIYAIさんの行かれる公演ではどんな曲をやるんでしょうね~。 私も楽しみです。
Commented by sandfish2007 at 2010-03-19 09:28
◇jerryさん
高校生のときに『Oh Mercy』と『Under The Red Sky』とは素晴らしいです。それぞれにリアルタイムなディラン体験が違うのは当たり前ですが、なかなか興味深いです。

『Empire Burlesque』の曲が、ブートレグ・シリーズの方がで気がいいというのは、おっしゃる通りだと思います。そんなところも、こおアルバムが軽視される理由のひとつかもしれませんね。

ディランの東京初日まであと2日。もちろんセットリストは見てません。お気遣いありがとうございます。楽しみです。

MIYAI
<< 桜餅日和 This Place Is E... >>