ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Music

f0182140_928121.jpg

 昨日は、来週の出荷に向けて作業の日。CDにライナーと帯をせっせと付けていく。ひとりでやると8時間かかるところを、ふたりでやったから4時間で済んだ。助かりました。どうもありがとう。音源アップの仕方もようやく(ほんとようやく)わかったので、数日中には試聴できるようになるかと。あとフライヤーの原案を作成したりと、なかなか充実したいい1日だった。

 今回のリリースでは、自分達でできることは極力自分達でやるようにしている。これまでもそうだったんだけど、さらに拍車がかかった感じ。時間をかけて、自分の手でCDに帯をつけたり、ライナーを投げ込んだり、封をしたりすると、妙に親密な気持ちが湧いてきて、できあがったものが工場から届くのとは、なんだか気分が違ったりする。

 一段落ついて、ほっとひと息。床にCDを並べて写真を撮ってみたりする。晩飯を作るのがかったるくなったので、のり弁を買いに走り、ついでにビールと日本酒も買って帰る。無事美味しくいただくことができた。よかったよかった。でも、夜半には心配なメールが入ったりもして、なかなか一筋縄にはいかない。人生いろいろ。

 来週には、キャロル・キングとジェイムス・テイラーがやって来る。再来週には、エリカ・ギンペル『翼を広げて』が発売される。言うまでもなく、エリカはこの2人から多大な影響を受けている。そして僕も、もし彼らがいなかったら、シンガーソングライター作品を中心とした音楽レーベルを始めることはなかっただろう。こんなところにも、音楽が受け継がれていってるのを実感できる。それはなにものにも代え難い。

 今朝はキャロルの『Music』をターンテーブルへ。タイトル・チューンを聴きながら、「エリカはこの辺にもインスパイアされたんかなぁ」と思ったりした。“Song of Long Ago”では、ジェイムス・テイラーの声も聴こえる。大好きな曲だ。今はシェリル・クロウの『Tuesday Night Music Club』が流れている。僕らはみんなで力を合わせて、音楽の魂を繋げていく。ミュージシャンも、僕のようなリスナーも、例えお互いの顔を知らなくても、仲間なんだと思う。

 これから朝ご飯。いつものトーストと目玉焼き。なんてことないいつものこと。でも、そこがいい。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-04-09 09:28 | diary | Comments(0)
<< Coconuts Grove 夜は美味しいお酒が呑めますように >>