ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

こんな3日間だった

f0182140_10402934.jpg

 濃い〜時間が流れてった金曜日から日曜日。今朝ようやっと落ち着きを取り戻したところ。コーヒー、トースト、目玉焼き。後ろの方から洗濯機の音がガタゴト。ほっとするなり。

 金曜日は、キャロル・キング&ジェイムス・テイラーのライブの日。その前に、流通をお願いしてる会社にCDを届け、お店に店頭用のディスプレイを持っていく。送ったら楽なんだけど、どうせ都内に出るんだし、持ってっちゃえば送料が浮くので(そんなレベルの商売だったりする)、冷たい雨の中、大荷物を背負ってせっせとまわった。とはいえ、タワーレコード新宿店用のディスプレイが、縦長のところを横長で作ってしまったことが判明し、もいっかい作り直して送ることになったりとか、けっこう無駄が多かったりもする。うー。

 ライヴは本当に素晴らしかった。キャロルとジェイムスが素敵なのはもちろんだけど、バックのラス・カンケル、ダニー・クーチ、リー・スクラーのセクション・チームが2人と同等に素晴らしくて、すっかりまいってしまった。いったい誰を観てたらいいのかわからなくて、僕は終始きょろきょろしていた気がする。とりわけ、ラス・カンケルが叩くドラムのあまりの存在感には、感動を超えた深い感銘を受けた。また、バンドをつけずにキャロルとジェイムスだけで歌うと、親密な空気が一層際立ち、歌の世界が心のやわらかい部分にすっと沁みこんでくる。このときのなんとも言えない幸せな感覚。だからこそ、彼らの歌は今も大切に聴かれているんだなぁと思ったりした。たくさんのいい曲が聴けて嬉しかった。僕自身の音楽志向も改めて確認できた。それはやっぱり特別な、夢のような時間だった。

 終演後は、友人達と乾杯。さくっと飲むつもりがディープに進行し、終電に乗り遅れ、漫画喫茶で仮眠し、早朝に帰宅。金曜日は土曜日になり、雨はみぞれに変わっていた。そのままアルバイトに出かけ、夜はCDの納品も兼ねて、マンスリーDJイベント『Voices Inside』が行われている「バー・ケインズ」へ。それから「サウサリート」、「ウェスリー」、「ロケットデリ」と納品してまわり、その都度お酒も飲んで、午前2時に帰宅。

 で、日曜日と。まず、タワレコ新宿用のディスプレイを作り直して、翌日着で発送する。それから鎌倉小川軒へ、伊藤耕太郎というハートウォーミングなグッドタイム・ミュージックを演奏するミュージシャンのライヴを観に行く。ビールを飲みながら聴くラグタイムは、やっぱり気持ちがいい。終演後は藤沢に戻り、「ロケットデリ」へ昨日渡せなかったフライヤーを届けに行く。ついでに、晩ご飯のカレーをビールと一緒にいただく。友達がやって来たので、ひとしきりおしゃべり。彼女が買ったばかりというレコードを見せてもらう。テディ・ウィルソンとかジミー・スミスとかウォーとかタワー・オブ・パワーとか。いい買い物ができたようでなにより。それから、なんでも安いスーパーで卵と焼そばを買って、帰宅したのが21時過ぎ。テレビでドラマをぼんやり観ながら、焼酎を飲んで、かっぱえびせんをぽりぽり。風呂から上がって時計を見たら、ちょうど日付けが変わっていた。で、今朝を迎えたと。そんな感じかな。

 さて、今日もがんばってこう。夜はのんびりできるように、昼間にやることをしっかりやろう。明日には新譜がお店に並ぶのだ。

 MIYAI
f0182140_1041481.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2010-04-19 10:41 | diary | Comments(0)
<< I'm Not Lik... いざ武道館 >>