ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Wanderlust

 のんびり気分の朝。晴天の朝。今、部屋に風を通してるとこ。ポール・マッカートニーのレコードがまわってるとこ。

 昨日はへんちょこりんな日で、「これから海ビール」と日記に書いたら雨が降り出したり、「陽射しが気持ちいい」とツイートした途端に太陽が隠れたりと、なんだかキツネにつままれたような感じの1日だった。おにぎりも上手に作れなかったし。

 でも、いいのだ。今日もこうして元気に朝ご飯が食べれて、ポールの歌が聴けるのだから。

 僕が今持っているアコースティック・ギターは、友人がゴミ捨て場で拾って、別の友人宅へ持ち込んだもの。僕がマーティンを手放さざるを得なかったとき、その友人が僕の部屋に持ち込み、置いていってくれたのだ。メーカーは不明。ヘッドがマーティン的でボディはギブソンちっくとみてくれは悪くないのだが、ネックが反ってるので、チューニングはかなりあやしいし、ハイポジションでのプレイにも支障があったりする。でも、これがあるおかげで僕はいつでもアコースティック・ギターを弾くことができる。とてもありがたい。

 昨夜は、日本酒を飲みながら、このギターをぽろぽろと弾いた。ポールの歌をいくつか口ずさんでみた。“Every Night”とか“Baby's Request”とか“Wanderlust”とか。ギターの音というのは、あたたかくていいものだなと思った。

 “Wanderlust”は、ポールが所有する船の名前で、意味は「旅心」だろうか。あるいきさつから自由を象徴する言葉となったんだそうな。だから、自転車であちこちを旅していた頃、僕は出発する日によくこの歌を聴いた。

 光り輝いてくれ、旅への想いよ
 僕らが自由になれるように

 自由を求める気持ちは、とてもロマンティックなものだ。そこには、希望と不安と恐れがあり、何事にも代え難いときめきがあると思う。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-04-30 09:03 | diary | Comments(0)
<< Is Your Love in... Like Someone in... >>