ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

心穏やかなる夏至の日に

 昨夜はよく飲みよく食べた。イカとしめじとピーマンの炒め物、美味しかった。焼酎と一緒にいただく。寅さんは「柴又慕情」だった。最初から最後まで面白 くて、窓から入る風が気持ちよくて、でもたまに団扇を扇いだりしながら、寅さんやタコ社長のやることなすことに、僕はけたけたと笑った。チャンネルをW杯にすると、ポルトガルが北朝鮮を相手にゴールをすこんすこんと決めていた。近所のスーパーで298円のワインが売ってたので買ってみたけど、美味しくなかった。スペインのワインで名前が「カルメン」っていうんだけど、うーん、ほんとにスペインのワインなんだろか?チリ対スイスを観て、アビイ・ロードのライヴ・カメラに映る友人の姿を見ながら電話をし、スペイン戦が始まる前に寝た。久しぶりにぐっすり寝れた。そんな気がした。

 それにして も、梅雨とは思えないほど、乾いた風が吹いた日だった。昼間、新しいリリース候補の作品をとっかえひっかえ聴いていたら、煮詰まったので、ふらりと海へ逃 亡。ポードウォークで1時間半ほどごろごろし、夏至の太陽を浴びた。いい気分転換になった。海の家も着々と建設中。あと一ヶ月もすれば、またあの賑やかな 夏がやって来るのだろう。

 トウモロコシを1本買ってきて、茹でて食べた。素朴な味が懐かしかった。近所のスーパーは野菜が安くてありがたい。レタスとミニトマトとキュウリも買ったので、今朝はサラダを食べることができた。朝食にサラダがあるのは嬉しい。そこにハムが添えられてたらもっと嬉しいけど、それは贅沢というもの。我慢しよう。

 いつかハムと果物を毎朝食べれるようになれたらいいなと思う(ささやかなり)。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-06-22 09:03 | diary | Comments(0)
<< 雨上がり Lighthouse >>