ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

The Kink Kontroversy

 キンクスのオリジナル・ベーシストであるピート・クウェイフが。6月23日に腎不全で亡くなった。享年66歳。僕が最後にピートの姿を見たのは、いつのことだろう。思い出せない。僕が思い出すのは『The Kink Kontroversy』のジャケットで、リッケンバッカーのベースを抱えて椅子に座ってる姿だ。足を組んでじっと前を見据えている。60年代のキンクスの曲は、ほぼピートがベースを弾いているはずだ。そして『The Kink Kontroversy』は、ほんとにかっこいいアルバムだ。そんな彼の演奏を、僕はよく聴いていた。合掌。

 若い頃に残した録音を、見ず知らずの誰かが、今も世界中のどこかで聴いているというのは、どういう気分なのだろう?1年前の今日、僕はマイケル・ジャクソンの『Thriller』を聴いていた。で、今年はキンクスを聴いている。それは、残酷なようであり、誇らしいことのようにも思える。

 そんなことを考えながら、昨夜はブラジル対ポルトガル戦を観ていた。今夜は友達が泊まりに来るから、サッカーは観ないだろう。きっとビートルズやポール・マッカートニーを聴きながらビールを飲んで、僕が作る拙い料理を食べるんだと思う。そんな風にして、最近41歳になったその友人の誕生日を、ささやかながらお祝いできたらと思っている。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-06-26 07:47 | diary | Comments(2)
Commented by jerry at 2010-06-27 08:14 x
最近、ミュージシャンの死のニュースが多いですね。
当然のように誰もが年を取るわけですがなんだか寂しいです。

昨日は、韓国戦を観ました。 
残念ながら負けましたが、やはりワールドカップは観ていて興奮します。
今夜は、イングランドがドイツと・・・、コレはとても楽しみです。

スプリングスティーンのセカンド、繰り返し聴いています。
USオリジナル盤だったのですが、状態がとても良くて、とっても音がいいんです。
思わず大音量で聴いてしまいます。 青春の叫びをモロに感じています。
Commented by sandfish2007 at 2010-06-27 12:51
◇jerryさん
誰もが長生きできるわけじゃないんですよね。

今夜のイングランド対ドイツは僕も観ます。その後のアルゼンチン対メキシコも。こうもまとめて地上波でサッカーが観れるだけで嬉しかったりします。

スプリングスティーンのセカンドは、まさに『青春の叫び』ですよね。よくぞつけたもんだと思います。

MIYAI
<< 幸せってなんだっけ? 紫陽花よりも海ビールがよかった日 >>