ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Dave Grohl

 久しぶりの雨降り。朝からフー・ファイターズのベスト盤を聴く。無駄にエキサイト。

 このアルバムを、僕は今年の誕生日に友人からいただいた。デイヴ・グロールの芯を貫くようなヴォーカルが胸を打つ。ベスト盤だけにいい曲だらけ。1枚通して気持ちよく聴けるのは、きっと選曲のバランスもいいんだと思う。

 デイヴ・グロールが叩くドラムが好きという人は多い。僕もそう。僕はグランジをほとんど通過してこなかったので、数年前の誕生日にやはり同じ友人からニルヴァーナの『Nevermind』をいただくまでは、デイヴのドラムを意識して聴いたことがなかった。あれにはびっくりした。恐ろしく存在感のあるドラミング。ヴォーカル以上にぶっとい芯が感じられる。その後、ライヴ映像を観て、まるで鬼神のようだと思った。ニルヴァーナ解散後は、フー・ファイターズのフロント・マンとしてドラムセットの前に座ることも少なくなっていたデイヴだが、最近またあちこちでスティックを握るようになっていて、ひそかに嬉しく思っている。

 日頃はまったりしがちな僕だけど、たまにはこういうロックをがつんと聴いて、ちょいと攻撃的な気持ちになるのもいいもんだね。体がひたすら攻撃的な音を求めていた中学生や高校生の頃のように、届かないものに必死で手を伸ばすような、そんな気持ちで。時代とともにロックを取り巻く状況は変わってきたけど、ロックを聴いて感じる自由や希望は、昔とさほど変わってないんじゃないかなぁと思ったりする。

 さ、『Nevermind』を聴こう。出かける時間まで、デイヴのドラムを聴こう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-09-08 09:34 | diary | Comments(0)
<< 秋めいた朝 シンプルに >>