ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Jools Holland's Big Band Rhythm and Blues

 今朝は、ジュールズ・ホーランドの『Jools Holland's Big Band Rhythm and Blues』を久しぶりに引っぱり出した。プレイ・ボタンを押した途端に溢れ出す音楽愛。好きなことを仕事にするなら、これくらいの熱量でやらないとね。うーんと、がんばろう。

 昨夜帰宅してテレビをつけたら、サッカー(日本対韓国)はちょうど後半が始まるところだった。ご飯を食べながら観たんだけど、ゴールこそなかったものの全体的に前を向いたプレイをしてて、それなりに楽しく観れた。それから、友人が修理してくれたテレキャスターをずっといじっていた。ジャラン♪と鳴らしたり、ちろちろとフレーズを紡いだり、運指の練習にもならないレベルで。その間、ずっと考え事をしてたんだけど、なにを考えてたんだかまったく覚えていない。すべてが絵空事のように浮かんでは、奥行きをもたないまま薄っぺらく消えていった。そんな無駄な時間も、またよろしい。

 京都のお店から、エリカ・ギンペル『翼を広げて』を取扱いたいが、流通がわからないとの問い合わせがあった。現在、僕が流通をお願いしてるディストリビューターさんはあまり手広くやっていないから、たまにこんなメールをもらうことになる。でも、いろいろ融通が効くし、長いつきあいで気心もしれてるので、気持ちよく仕事ができるからお願いしてる。そこと取引きのないお店は、もうひとつ卸会社をはさむ必要があるので入荷は遅くなるけど、取れないこともないし。
 元々使っていたディストリビューターはメジャー流通で便利だったが、マニュアル通りにしか対応してくれないので、僕はつきあいづらかった。うまく言えないのだけど、音楽的であるための隙間があまりに少なかった。この辺を割り切って考えられないのは、僕の弱点かもしれない。でもまぁ、しょうがない。

 エドウィナからメールが届く。相変わらず丁寧な内容。こちらもできるだけ丁寧な返信を書いて送る。彼女のためにも、もっとがんばろうと思った。

 ジュールズ・ホーランドと彼のバンドの演奏からは音楽への愛情が伝わってくる。音楽に関わる仕事をする人には、自分も含めてだが、そうあってほしい。できることなら、優先順位の一番上に音楽があってほしいと思う。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2010-10-13 09:14 | diary | Comments(0)
<< ロンドン土産 たはっ >>