ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

シュトーレンと「綿帽子」

 昨日は寒い1日だった。冷蔵庫に鍋の具材が残っていたので、味噌仕立てのつみれ鍋をした。クリスマス・ツリーの灯りをつけて、クリスマス・ソングをかかけながら鍋をつつくというのは、なんだか気取りがなくていいもんだなと思った。

 夜は、今年最後の「サンドフィッシュ・カフェ」の収録のため、バスに乗ってレディオ湘南のスタジオへ。病気で入院してたパーソナリティーのはっとくんも復帰して、まずはひと安心。この夜はシンガーソングライターの小野一穂くんが来ていたので、収録につきあってもらった。「初めまして」と挨拶しうちのサンプラーを手渡したら、一穂くんは明日発売という彼のファースト・アルバムを僕にくれた。鎌倉小川軒の若旦那=チュウソンが、シュトーレンというドイツのお菓子をもってやって来た。クリスマスが来るまでに食べ切るケーキだというそれは、塩のきいた大人の味がした。

 今回のテーマである2010年で心に残った音楽的な出来事・想い出などを、僕らはそれぞれ語り合った。時間はいつものように楽しく過ぎていった。12/27に「湘南ミュージック・タウン」番組内でオンエアされる予定。よかったら聞いてみてください。

 帰宅してから、いただいた小野一穂くんのアルバム『綿帽子』を聴いた。言葉をとても大切にしているのがよく伝わってきた。歌は繊細だけど骨っぽかった。きっとそういう人なんだろうなと思った。「言葉をフラットにしようと心がけている」と一穂くんは言っていた。「楽しいなら少し下げて悲しくし、悲しかったら少し上げて楽しくする。そうやっていくらかフラットにした方が、聴く側の自由度が増すと思うから」と。わかるような気がした。

 水は流れ木は燃えて 時計の針もくるくる回る
 工場の煙突は 煙の代わりに夜を吹く

                  「変わらないもの」

 僕はさっき食べたシュトーレンのことを思い出した。今年もドイツではたくさんの家庭が、このケーキをクリスマスまでに食べ切るのだろうなと思った。その昔から変わらない風景が、なんだか素敵に思えた。

 MIYAI
f0182140_9245145.jpg

[PR]
by sandfish2007 | 2010-12-14 09:25 | diary | Comments(2)
Commented by 一穂 at 2010-12-15 01:17 x
宮井さん、昨夜はお疲れ様でした!
成り行きでご一緒させて頂いて愉しかったです。
サンプラーも聴かせて頂きました!
すごくいい曲ばかりで、サンプラーなのにすっかり楽しんでしまいました。
Gabriel Mann 、Paul Abro 、Scott Fisher さんの曲とかいいですねー。
Sally Dworsky『Boxes』はもう、どストライクでして。
なんとジャケットをみてみたら、先日、平塚の某楽器店でかかっていたCDがよかったのでマスターに「これは誰ですか?」と聞いたら見せてくれたジャケットじゃないですか!
偶然の再会。嬉しいな。早速ポチり。
サンプラーに入ってなかったEdwina Hayesを試聴したらこれまたいいのでポチり。
いくらでも買ってしまいそうなので今日は2枚にしておきます。(笑)

またお会いできるのを楽しみにしてます!
ごきげんようー。
Commented by sandfish2007 at 2010-12-15 09:33
◇一穂さん
おっ、書き込みありがとうございます。こちらこそ楽しかったです。『綿帽子』、いいアルバムですね。繰り返し聴いてます。先日の収録でも、通りすがりの人が買っていってましたからね。あれはすごかったな。

サンプラー、楽しんでもらえて嬉しいです。早速、注文いただきまして、いやはや、嬉しいです。平塚の楽器屋さんは「Really Music」ですね。そんな話を聞くと、リリースしてよかったなぁとしみじみ思います。エドウィナは、今年の9月にリリースしました。こちらも気に入ってもらえたら幸いです。

今度ゆっくり飲みましょうね。今後ともよろしくお願いします。

MIYAI
<< ロケット・デリ5周年 恐竜のような雲 >>