ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

よく冷え込んだ朝に

 寒い朝なり。僕が住んでいる部屋は割と断熱がしっかりしてるんだけど、それでも昨夜は2度ほどひんやりした気分で目が覚めた。「いやぁ、さぶいわい…」とつぶやきながら、さっきカーテンを開けたら、子供達が元気に登校していた。門番のおじいちゃんまで、背筋をぴんと伸ばして立っていた。もっとしっかりしなきゃと思った。

 昨日は、エドウィナの注文書を作成した(終わらなかったけど)。確認したいことがあって、エドウィナにメールしたところ、すぐに返信がきた。今回も特典としてかわいいバッジをつけてくれるとのこと。ありがたや。短い文章から、優しさや気遣いが伝わってくる。そんな彼女のためにも、僕も精一杯がんばりたいと思った。

 昼間、ずっと部屋にこもっているのもよくないなと、20分ほど散歩に出かけた。近所の神社でお参りし、以前住んでいた部屋の前を通った。今は別の人が住んでいるらしく、物干にウェットスーツがかけてあった。高台にある神社の階段を登った。遠くで海がきらきらと光っていた。気温は低かったけど、風もなく、ぽかぽかと暖かかった。僕はベンチに座って、なにもない空を見上げた。そして、できればずっとこの町で暮らしたいなと思った。

 窓を開けてみた。やっぱり寒かった。子供達の姿はもうなく、門番のおじさんだけが少し背中を丸めて立っている。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-01-11 08:33 | diary | Comments(0)
<< 哀しきアルバイト 雪が舞い散る夜に >>