ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

僕はいいアイディアだと思ってるんだが

 茨城産の野菜が馬鹿みたいに安い。馬鹿みたいにだ。通常価格の1/3以下だろうか。おかげで、たっぷり野菜を採れて僕は助かっているけど、言うまでもなく、ちっともいいことじゃない。

 今回の被災で住む場所を失った人達が、今後どこで暮していくのかは大きな問題だ。そんなとき、友人のミュージシャン=SWAMPSはっとくんが日記で書いていたアイディアに、僕はすごく共感した。僕が住む町には、松下電器の広大な跡地がある。それは僕がバイトに向かう途中にあって、毎週その前を 2年以上も通っているけど、ずっと手つかずのままだ。ここに被災者村を作ろうというのが、はっとくんの考えだ。

 このアイディアがいいのは、被災した人達がバラバラにならないで済むところだ。知らない土地で新しい生活を始めるのに、見知った顔や同じ苦しみをもった人達がそばにいることは、心の大きな支えになるだろう。復興への気持ちも保ちやすいのではないかな。今回の災害ですべてを失い、人によっては借金だけが残って、先行きに希望をもつのはとても難しい状況だと思う。生き残った被災者から自殺する人も出ていると聞く。だからこそ、同じ境遇の人達が近くにいることには、大きな意味があると思う。自分はひとりじゃないんだと思えるはずだから。そこにポジティブなエネルギーが生まれると信じてる。

 そして、海に隣接した町に住む僕らにとっても、津波で被災した人達が近くで暮らしていることは、今のこの気持ちを風化させないために役立つだろう。被災者との交流から、今後すべきことを見つけることができるかもしれない。これも本当に大切なことだと思う。

 はっとくんが、このアイディアを藤沢市宛に提案したところ、安全防災局危機管理部企画調整課長(随分長い肩書きだな)から返答がきたそうだが、その内容は通り一遍の残念なものだった。僕はいいアイディアだと思うんだけどなぁ。2年以上使ってない土地なんだし、なんとかならんもんかね。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-03-31 09:38 | diary | Comments(0)
<< コーヒーにクリープを入れて 自衛隊の若者と話した夜 >>