ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

ギター・パンダ

 花粉の季節がつづいている。もっともひどい状態からは脱した感はあるが、今もできる限り外出しない&出る時は完全防備に努めている。毎年のこととはいえ、ちと飽きてきたな。マクスをつけないで、外の空気を「すーはーすーはー」と吸いたい。もうしばらくの辛抱なり。

 昨日、都庁の前の公園でお花見をやってる人達の様子がユーストリーム(かな?)で中継されていた。「面白いことするなぁ」と思って見ていると、ギター・バンダ(山川のりを)が出てきて自作やRCサクセションの曲を歌い始めた。すると、人がどんどん集まってきて、飲めや歌えやの大宴会となった。都庁の前、寒空の下、「サマータイム・ブルース」や「ラブ・ミー・テンダー」が歌われるのは、それだけでも意味がある気がした。主催者らしき人がちょっと興奮し過ぎだったけど、まぁしょうがないかな。嬉しかったのだろう。フォーク・ギター1本で反体制な歌を合唱して、70年代みたいだったな。しかも、パンダだしな。人ってあまり変わらないのかもしれない。周囲がめまぐるしく変わってるだけなんだ。

 夜は、ジョン・ミラーを聴きながら、豚肉と野菜ときのこの鍋を食べた。花粉やらなにやらで弱りかけてた体に、あったかい鍋はじんわりと優しかった。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-04-04 09:41 | diary | Comments(0)
<< Badlands Bucket "T&... >>