ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

上手に楽器を弾きたい

 ニック・ロウの初期のコンピ盤が流れる部屋からこんにちは。僕はまだ鼻が詰まっています。もう鼻づまりには飽きましたが、ニック・ロウはちっとも飽きません。もし僕がニック・ロウのように曲を書けたら、どんなに楽しいだろうと思うのです。…と、なんとなくですます調で書いてみたりする。

 さて、昨日の「サンドフィッシュ・カフェ」は生放送だった。今、僕の部屋には楽器がたくさんあって(エレキ2本、アコギ2本、ウクレレ1本、シンセサイザー1台)、狭い部屋に並べてみると、なかなかどうしてミュージシャンみたいだったりする。それなのにどれもまともに弾けないとあっては、ちょっとかっこ悪い。せめて、みんなと楽しくセッションできるくらいにはなりたい。ということで、昨日の放送ではそんなところを相談してみたんだけど、なんも解決しなかった。どうして僕が上達しないのかは、なんとなくわかったんだけど。ふむ。

 なんであれ、音楽は聴くのも楽しいけど、やれたらもっと楽しいと思う。いつか僕も、ニック・ロウのように曲を書き、ポール・サイモンのように言葉を紡ぎ、スティーヴ・クロッパーのようにギターを弾いて、なによりもレイ・デイヴィスのように歌いたい。昨日の放送では「自分はできるんだと勘違いするのが大事」と言われた。なーんだ、勘違いすればいいのか。そうかそうか。

 …ほらね、全然解決してない。まぁ、いいや。ゆっくりやってこう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-04-26 08:47 | diary | Comments(4)
Commented by ブラウニー at 2011-04-28 22:57 x
エレキは、「ギターが上手くなる理由・下手な理由」という本の通りに毎日2時間位練習したら3・4ヶ月もすればセッション出来る位になりますよ。

それと、ギターを続けるコツは「大好きで簡単な曲を1曲弾けるようにすること」です。
僕の場合はSun Shine Of Your Loveでした。
バカの1つ覚えのようにそればっかり弾いてましたが飽きませんでしたし、友達に自慢できるし(笑)、とりあえずギターに触り続けるきっかけになると思います。

クロスロード・ギターフェスティバルみたいなトッププロが1度にたくさん見られるライブ盤でモチベーション上げたりも上達を早めます。2004年と2007年はホントお勧めです。

ギター超カッコ良い!!ってなりますよ。
Commented by sandfish2007 at 2011-04-29 09:02
◇ブラウニーさん
ほぉ、そんな便利な本があるのですね。毎日2時間練習するのは、なかなか難しそうですが。今度本屋さんを覗いてみます。

僕も同じ曲ばかりを弾いしまう傾向がありまして、そのことが上達に繋がらなかった原因だと思ってます。ただ、リードギターでまともに弾ける曲はほとんどないので、その辺からスタートするのは確かにアリかもしれませんね。クロスロード・ギター・フェスは、いつのかわかりませんが僕も観たことがあります。J.J.ケールがかっこよかったなぁ。

MIYAI
Commented by ブラウニー at 2011-04-29 17:20 x
それは2004年のだと思います。JJケイルのAfter Midnightはぶっちぎりにカッコ良いですね。

意外と知られていないのですが、2004年のDVDには隠しコマンドというものがありまして、Laylaを見ることができます。
それが素晴らしく良く、クラプトンのLaylaのでは3指に入る出来です。恐竜の咆哮のようなチョーキングは何度見ても痺れます。


2007年はサニー・ランドレスという人がトップバッターを務めクラプトンと弾きあうのですが、これまた超絶にカッコ良い。スライドなのに速弾き、浮遊感があるのにブルージー、一気にファンになりました。

他にも、ジョニー・ウィンターがファイヤーバードでハイウェイ61を披露したり、2004年ではカットされたジェフ・ベックが女性ベーシストを従え演奏したり、ジョン・メイヤーが一世一代のギタープレイを見せてくれたり、ジョージのIsn't It A Pityをクラプトンが歌ったり、最後にはSweet Home Chicagoを豪華すぎるメンツでやって締めるというあり得ないような内容です。

デレク・トラックス、ジョン・メイヤーといったこれからを背負っていく若手の演奏も充実しているので、ギター好きには必見ですよ。
Commented by sandfish2007 at 2011-04-30 19:03
◇ブラウニーさん
クロスロード・ギターフェス、なにやら大変なことになってたのですね。恐竜の咆哮のようなチョーキングってすごい表現だなぁ。

サニー・ランドレスは、僕も好きです。ジョン・ハイアットのバックで来日した際、ライ・クーダーが来なくてがっかりしてた観客の度肝を抜いた話とか、いつも「羨ましいなぁ」と思って聞いてました。ジョン・メイヤーとデレク・トラックスも好きですねぇ。主役のエリックは言うに及ばずであります。充実したフェスだったようですね。

いつか機会を見つけて堪能したいと思います。友達の誰かが持ってるはずなんだよな。誰だっけな?

MIYAI
<< Harpo's Blues ビューティフル・サンデイとレイ... >>