ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

21世紀のエゴイスト

2011年3月11日、知っての通り、
大きな地震があった。巨大な津波が発生し、
たくさんの命が奪われた。
数百キロに渡って町や村が荒廃した。
そして、原子力発電所では、
深刻な事故が起こった。

あれから2ヶ月。僕はほとんどなにもしていない。
せいぜい募金箱に気合いでお札を入れたり、
節電だとか言って、部屋の電気を消したり、
コンセントを抜いたり、あとは1度デモに参加したりと、
恥ずかしながら、その程度だ。

震災から間もなく、
東北のレコード屋さんにうちのCDが無事届いたと知ったときは、
心が踊った。
被災地に音楽を届けることができると思ったからだ。
僕は東北にある大小のFM局を調べ、
つたないメッセージを添えて、CDを送った。
なにかの力になれたらと思ってのことだ。
でも、その歌が被災地で流れたかどうかは、知らない。
ましてや、苦しんでいる人達の耳に届き、
わずかでも辛さを和らげることができたかどうかなんて、
知るよしもない。
でもCDを送ったことで、僕の気持ちはいくらか楽になった。
耳に届いたかどうかもわからないのに滑稽な話だが、
なにかの力になりたいという僕のエゴは、
このとき、いくらか満たされたのだ。

今、震災でこの国は非常事態にある。
あんなにも広い範囲に渡って荒廃した場所など、
世界中のどこをさがしても見つからないと、
ある戦場カメラマンは語ったそうだ。
そこに放射能の脅威が加わった。
今、生活と生存の狭間に生きている人達がいる。
今、この国は非常事態にある。

原発をすぐに停止しろと叫ぶ人がいる。
中には今がチャンスとばかりに、
その主張を突き通そうとする人がいる。
でも、僕にはそれが彼らのエゴに聞こえる。
原発の継続を支持する人達は、少し肩身が狭そうだ。
しかし、今の自分の生活を維持するために、
もしそう考えているのだとしたら、
やはりそれはエゴでしかない。
被災地へボランティアに行く人がいる。
必要物資を送る人がいる。
チャリティ・ライブをする人がいる。
募金箱を置く店がある。デモに参加する人がいる。
みんな被災地の役に立とうとしている。
でも、役に立っているとは限らない。
だって、物事の受け取り方なんて、
人それぞれなのだから。
喜んでいる人がいるなら、そうじゃない人もまたいるはずだ。
それでも、なにもしないよりはましだと言うかもしれないが、
(まぁ、ましかもしれないが、)
なにかすることで、自分の心を救っているのなら、
それもまたエゴなんだと、僕は思う。
善意のエゴだけじゃない。
悪意をはらんだエゴも存在する。
被災地での強姦や略奪。
汚い言葉を浴びせてくる人達。
僕らはそうしたエゴの存在も、知っておくべきなのだろう。

僕は正義を掲げるエゴイストがあまり好きじゃない。
自分のエゴを正義と重ね合わせるなんて、いただけない。
自分の都合ばかりを優先するただのエゴイストも好きじゃない。
悪意に満ちたエゴイストはもっと好きじゃない。
でも、こんなこと言うだけで、なにもしていない僕もまた、
エゴイストのひとりなのだ。
けれど、もし僕らがみんなエゴイストならば、
この世界を壊すのはエゴイストであり、
この世界を救えるのもまたエゴイストしかいない、
ということになる。

僕は自分の中のエゴを消すことができない。
僕は発言する。言いたいことを言う。
批判があれば、甘んじて受けるつもりだ。
でも、もしそれが僕の存在を否定するものであるなら、
受け入れるつもりはない。
だから、僕は誰も否定しない。
正義を掲げるエゴイストも、
自分の都合を優先するただのエゴイストも、
悪意に満ちたエゴイストも、
僕のようになにもしないでいるエゴイストもだ。
この世に存在する以上、僕は誰も否定しない。
なぜなら、世界はこんな僕らで成り立っているからだ。

わかりあうのは、なかなか難しい。
でも、時間をかけて、
お互いに馴れていくことはできるかもしれない。
そして、少し壁が崩れて、ちょうどいい距離を見つけたなら、
そこに共感できるなにかを見つけることだって、
できるかもしれない。
時間がかかるのは、しょうがない。
ここで一緒に存在する以上、
僕らはそうやって生きていくしかないのだと思う。
後ろ向きなことを言ってるように聞こえるだろうか?

今、震災でこの国は非常事態にある。
こんなにも広い範囲に渡って荒廃した場所など、
世界中のどこをさがしても見つからないと、
ある戦場カメラマンは語ったそうだ。
そこに放射能の脅威が加わった。
そんな時代を、僕らは生きている。
21世紀のエゴイストとして、共に生きていくことになる。
急いで解決しなければならないことも多い。
でも、先は長い。
長い長い道のりの第一歩を、今、
僕らは歩みはじめたばかりなのだ。

(2011/5/15 「持ち寄りPotluckナイト」@Bar Cane'sにて朗読)
[PR]
by sandfish2007 | 2011-05-16 10:00 | diary | Comments(2)
Commented by Joe Cool at 2011-05-17 15:10 x
エゴという言葉が、完全に否定的なのか、
それとも若干の肯定的なニュアンスも含むのか不明ではありますが、
基本的にはとても共感を覚えます。
Commented by sandfish2007 at 2011-05-17 22:24
◇Joe Coolさん
共感していただけて嬉しいです。エゴについては否定や肯定ということではなく、誰もが持っていて、捨てられるものではないから、そのことを自覚していたいと思ってます。

 MIYAI
<< 二郎とか持ち寄りPotluck... もしよかったら >>