ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

二郎とか持ち寄りPotluckナイトとか

 曇り空。コーヒー・メーカーがごとごとと音を立てている。ラジオからはダスティ・スプリングフィールド。なんとなくアンニュイな朝。
 
 日曜日、大学時代の友人に連れられ、大盛りで有名な店「ラーメン二郎」へ初めて行ってきた。ここのラーメンは野菜がどっさりのっているのが特徴なんだけど、あの濃いスープにはこれくらいの量の野菜が必要なんだということが、食べてみてよくわかった。スープを薄めることは考えなかったんだろか?だとしたら、足し算の美学だね。反エコなラーメン。反健康主義なラーメン。そこが二郎の魅力かもしれない。また行こう。

 夜はバー・ケインズのイベント「持ち寄りPotluckナイト」へ。このイベントも回を重ね、出演者の個性がはっきりしてきた気がする。この日もなかなか充実した夜となった。僕にとってのハイライトは、間瀬憲治&まえかわともこ。今回は震災がひとつのテーマとしてあったわけだが、ふたりの演奏からは、謙虚な佇まいと消えることのない希望の光が感じられた。書き上げたばかりだという曲は、タイトルもまだ決まっていないらしいが、そうしたこともいい意味での緊張感を生んでいたように思う。こちらで聴けます→link(1時間14分あたりから)。ほんとに素敵なので、ぜひ聴いてみてください(音質がイマイチなのはご勘弁を)。ちなみに、その前には僕が文章の朗読をしています。こちらはかみかみ。だはは。

 月曜日は、とつとつとレーベルの仕事をした。エドウィナ・ヘイズ『コーヒー・タイム』の手持ち在庫がそろそろ切れるので追加注文を出したり、発送作業をしたり、あちこちにメールをしたり電話をしてたら、夕方になった。馴染みのバー「サウサリート」でご飯を食べて、ツタヤで映画『めがね』のDVDを借りて部屋で観た。静かでゆっくりとした映画だった。島の景色がとてもきれいだった。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-05-17 09:35 | diary | Comments(0)
<< なんとなくノスタルジー 21世紀のエゴイスト >>