ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Reason to Believe

 眠い眠い朝。なんでこんなに眠いのか。よくわからない。きっとなにか理由があるのだろう。しかし、その理由を考えるには、ちと眠すぎるのだ。ぐー。

 歳をとったときのために家を買っておこうと考えたのだけど、僕にはいろいろ難しそうだと知る。そんなとき、妹に県営住宅を薦められ「ふーん。そういうもんか」と思った。で、昨日は近所の県営住宅を下見に行ってきた。といっても、外から眺めるだけだし、そもそも独身だと貸してくれないらしいのだが、まぁそれはそれとして、3つの県営住宅を見てまわった。どこも駅から少々離れていて、それなりに築年数は感じられたが、贅沢は言えないということなのだろう。ちょうど近所に中古マンションが売りに出されていたので、その前も通ってみた。ここは良さそうに思えたが、ぱちぱちとお金の計算をしてみると、やっぱり買うのは難しいみたい。そんなことをしてたら、なんとなーく気分が疲れた。

 晩ご飯に餃子を作って、サザンのライブ・ビデオを観ながら食べた。そしたら元気が出た。日常をぶっ飛ばすほどの底抜け具合は、感動的でさえあった。思えばこんな風になにかから元気をもらって、僕は毎日を過ごしているのかもしれない。

 ブルース・スプリングスティーンに『Nebraska』というアルバムがある。若い頃に信じていたことが、ことごとく裏目に出てしまったら?夢が跡形もなく消えてしまったら?もしそうなったとき、それでも僕らはやっていけるのだろうか?このアルバムが問いかけてくるのは、そうした絶望や孤独だったりする。そして、最後に“Reason to Believe”という曲が歌われる。これがそうした問いかけに対するひとつの答えのように、僕には思える。「なんだかおかしな気持ちになるよ、僕にはね。つらい1日の終わりに、なぜ人はまだ信じる理由を見い出すことができるのだろう」。僕らはなにか信じる理由を見つけて、毎日を生きている。それはおかしなことかもしれないけど、まぁ、それでいいんじゃないかな。そもそも生きるというのは、どこかおかしなものなのだろうから。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-05-27 09:44 | diary | Comments(0)
<< 梅雨入り うりゃっ >>