ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

ビッグマンの快復を祈っている

 クラレンス・クレモンズが脳卒中で倒れたと知り、とても心配している。もう69歳だし、若い頃に比べたら随分と体も大きくなり、ステージでは椅子に座っている時間が多くなった。「ビッグマンは大丈夫なのかな」と思ったりもしたけど、それでもツアーには帯同してたし、この夏にはサマーソニックへの出演のため来日も決まっていた。だけど、クラレンスは病気になってしまった。病気は人を選ばない。今はゆっくりと休んで、1日もはやく元気な姿を見せてほしい。そして、大きな優しさを感じるたくましいブロウをまた聴かせてほしい。

 ニューリリースのオファーを出して3週間。話が一向にすすまないので、新たな音さがしをつづけている。昨日はいい作品をいくつか見つけることができ心が踊った。しかし、うちが出すべき音なのかと考えたとき、躊躇した。今回の音さがしは難航している。あまりにたくさんの音を聴いてわけがわからなくなっているし、早く決めたいという気持ちが冷静な判断を狂わせる。だから、つい慎重になってしまうのだろう。本当はもっとシンプルなことなのだ。ぴたっと合う音に出逢えたら、迷わないものだから。

 今日も朝の散歩をした。僕の場合、ウォーキングというよりは散歩だ。歩いたことのない近所の小道に入っていくのは楽しい。今日は短い緑の遊歩道を見つけた。心の中を風が通り抜けたような気がした。小窓を開けた程度の風だったけど、いいもんだなと思った。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-06-14 09:26 | diary | Comments(3)
Commented by ブラウニー at 2011-06-14 12:32 x
1・2日、純粋なルーツミュージックのみを聴いて耳をリセットされたらいかがですか?
現代の音楽は全てルーツミュージックの掛け合わせでできています。それぞれのレベルがどの程度のものを持っているかを見極める事が価値観の確立に繋がると思いますよ。
Commented by 法律屋さんFROMおおさか at 2011-06-14 18:20 x
とても信じられません。ライブインロンドンのDVDではあんなに元気な姿を見せていたのに…。本当に心配ですよね。彼なしのEstreet Bandは考えられません。ダニーの時もそう思いましたが、もうこれ以上Eストリーターを天に呼んで欲しくはないです。
Commented by sandfish2007 at 2011-06-14 22:37
◇ブラウニーさん
僕もピュアなルーツ・ミュージックは好きです。どこまでいけばピュアなのかというのもありますが、総じて好きです。梅雨の季節、のんびりとルーツ・ミュージックにひたれたら、いい方向に進むかもしれませんね。

◇法律屋さんFROMおおさかさん
考えたくもありませんが、ダニーのことがあっただけに、すごく心配しました。その後、徐々に快復に向かっているという報道も聞こえてきているので、それを信じたいと思います。クラレンスを天国へ送る準備は、僕もまだできていません。

MIYAI
<< ただなんとなく Junior's Farm >>