ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Rainy Eyes

この日、世界は朝からもやに包まれていた。
ほんのりと明るいのだが、
あらゆるものが薄く霞んでいる。
こんな日には雨が降る。
ずっと昔からの決まり事のように。

トーストを焼き、コーヒーを入れた頃、
細かい雨が降り出した。
雨音は、耳をすましていないと聞き取れない。
おそらく外でしばらく立っていても、
そんなに気にならないだろう。
しかし、雨は確実に僕らを濡らす。
地面にしみ込み、地下水と交わるまで、
静かな想い出のように、
深く、深く、しみ込んでいく。

この日、僕には約束があった。
そろそろ支度をしないと、時間には間に合わない。
でも、僕は支度をするかわりに、
クレイグ・ナッティカムのレコードをターンテーブルにのせた。
なぜって、その約束は、
あまり楽しいものじゃなかったから。

クレイグ・ナッティカムは、
その昔、デニス・ランバートとコンビを組み、
2枚のアルバムをリリースしている。
そのうちの1枚目を、僕らはよく一緒に聴いたものだった。
コンビというのは得てして、
どちらか一方が人気者になる。
クレイグは、どちらかといえば、
人気者になれなかった方かもしれない。
というのも、相方のデニス・ランバートは、
クレイグとは別の人と一緒に曲を作り、
幸運にも、その多くが世界中でヒットしたからだ。
でも、クレイグとデニスがふたりで組んで作ったレコードは、
平等で、公平で、争いのないものに思えた。
そんなレコードを、僕らはよく一緒に聴いたものだった。

季節が巡り、時が流れていく。
クレイグとデニスはコンビを解消し、
僕らもまた、ひとつの決めごとを解消した。
クレイグはソロになり、僕はひとりになった。

部屋の隅に置かれた電話のベルが鳴った。
説明を加えるなら、この頃僕は携帯電話を持っていなかった。
10回ほどコールした後、留守番電話にかわったところで、
電話は切れた。メッセージは残されなかった。
誰が、どんな顔をして、どんな気持ちで、電話をかけてきたのか、
僕にはわからなかった。特に知りたいとも思わなかった。

気がつけば、クレイグ・ナッティカムのレコードは終わっていた。
僕はもう一度針をおろすことにした。
1曲目の「レイニー・アイズ」がはじまった。
優しいクレイグの歌声を追いかけるように、
湿り気のあるサックスが聴こえてきた。
飲みかけのコーヒーは、すっかり冷めていた。
僕はそれを、流しに捨てた。

結局、この日、僕はどこにも出かけなかった。
外ではずっと細かい雨が降りつづいていた。
僕は柔らかい檻の中にいるような気分だった。
出かけようと思えば、出かけられたけど、
そうしなかったのは、雨が降っていたからだ。
もし雨が降っていなければ、
僕は支度をし、家を出て、約束を果たしたはずだ。

夕方になると雨はあがり、遠くの方で虹がみえた。
色が薄くて、すぐに消えてしまいそうではあったが、
それは、虹以外のなにものでもなかった。
僕は窓を開けて、しばらく空の向こうを眺めた。
虹はゆっくりとその力を失っていき、
周囲の音をのみ込んだまま、
夕暮れの空の中へ消えていった。

果たされなかった約束。
言葉にならなかった想い。
わかり合えなかった気持ち。
雨がすべてを洗い流してくれる。
地面にしみ込み、地下水と交わるまで
深く、深く、しみ込んでいくのだろう。
そうじゃなければ、
雨上がりの虹となって、
夕暮れの空へと消えていくのだ。

(2011.6.18 「Voices Inside」@Bar Cane'sにて朗読)
[PR]
by sandfish2007 | 2011-06-20 09:41 | diary | Comments(3)
Commented by ブラウニー at 2011-06-20 22:27 x
今日帰ってきてから暇だったんで前紹介してもらったCDベイビーってサイトに初訪問してみました。
なるほど、沢山のアーティストの曲を聴けますが・・・ほとんどが10秒もたずに聴けなくなるようなクオリティ。。これは大変だわと思いました(笑)

30分ほど粘ってやっと普通に聴けるものを見つけたので、一応名前とリンク貼っときますね。

アーティスト:Dave Rimelis
アルバム:Jazz Is Just A Child Of The Blues
リンク:http://www.cdbaby.com/cd/rimelis3

ベクトル的にはThe Bandみたいな感じです。試聴しかしてないんで曲の出来はわかりませんが、良ければ聴いてみて下さい。
Commented by ブラウニー at 2011-06-20 23:14 x
追記です。
他のアルバムも聴くとなんか明らかに録音にちゃんとお金かかってる??
もう普通にデビューとかしてるのかしらん?
ま、使える使えない別にして思ったより実力派のようです。結構楽しめるんじゃないかと。
Good Morning Jesus This Christmas Dayも良さげ。
つか結構好きです(笑)


と思ったら、あれ?これは子供向けに歌ってるのかも。教材だったりしたりするのかもしれない?
Commented by sandfish2007 at 2011-06-21 22:57
◇ブラウニーさん
ご覧になったのですね(笑)。まぁ、しばらくつづけてるとコツをつかめてきます。あとは根気とご縁でしょうか。オススメいただいた音はまだ聴けてませんが、確かにキッズやファミリー向けのようですね。あちらでは確立されたジャンルだったりします。

MIYAI
<< We all miss you... Clarence Clemon... >>