ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

Drive All Night

 日が長くなり、早起きしやすい季節のはずだが、最近の僕は寝坊がつづいている。理由は意志が弱いからだと思う。さて、どうしたものか?「これなんか効くよ」といった食べ物などあればいいのだが、よくわからない。ひとまず、サーファーは早起きらしいから、ビーチ・ボーイズのサーフィン・ソングでも聴こう。そしたら僕もサーファー気分になって、早起きできるんじゃないかと(頭いい)。

 しかし、ここで疑問がひとつ。夏になると今でも、ビーチ・ボーイズの曲はよくラジオから流れてくる。しかし、ビーチ・ボーイズが今でもサーファーの間で人気があるのか?まぁ、どっちでもいいや。僕は好きだもんな。

 昨夜は日が暮れたくらいに仕事を切り上げ、ブルース・スプリングスティーンを聴いて、ビールを呑んで、うどんと夏野菜の味噌炒めを食べた。「サンドフィッシュ・カフェ」を聴いて、いつものように反省した。そんな夜だった。

 クラレンス・クレモンズが亡くなり、たくさんのミュージシャンが彼を追悼をしている。亡くなる前にレディ・ガガがファンに呼びかけて作ったビデオも感動的だったが、パール・ジャムのエディ・ヴェダーがクラレンスの息子をゲストに招いて“Drive All Night”を歌ったと聞いたときは、胸が苦しくなった。ビッグ・マンがこの世を去ってから、僕の心はぽっかりと穴が空いたままだ。でも、エディが“Drive All Night”を歌ったと知ったとき、最初は悲しみがやって来た。その後で優しさに変わり、穴を満たしてくれた。これも音楽が持つ偉大な力だと思う。

 宮井 章裕
[PR]
by sandfish2007 | 2011-06-28 09:54 | diary | Comments(4)
Commented by jerry at 2011-06-28 22:07 x
MIYAIさん、こんばんは。

クラレンスが亡くなって、スプリングスティーンのアルバムを全て聴きかえしたんです。
そして今の自分に一番響いたのが、『Darkness~』のB面でした。
本当に不思議なくらい自分の中に溶け込むようにこのB面は入ってきました。
MIYAIさんのおっしゃる「ミュージシャンは死なない!」と私も深く感じました。
いつでも自分の部屋でレコードを廻せば空気が変わります。

MIYAIさん、デニス・ウィルソンのソロアルバムはお持ちでしょうか?凄く興味があります。

それとジョン・ハイアットに続き、8月にニック・ロウもライ・クーダーもアルバムを出すようです。
今年の夏は忘れられない濃い8月になりそうです。
ジョージ亡き後、ウィルベリーズの再結成は無いと思いますが、リトル・ヴィレッジなら・・・と考えてしまいます。
ジョン・ハイアットは相当な頑固親父ですからね・・・、でもそんなトコも魅力的なんです。
Commented by sandfish2007 at 2011-06-28 22:23
◇jerryさん
僕もクラレンスが参加したアルバムを繰り返し聴いてます。どれも既に自分の血肉になっている曲ばかりですが、ふとした時に悲しい気持が浮かんでは消えていきます。でも、そういう気持ちになるたび、何かが深まっているとも感じています。そんな風にして今はクラレンスを偲んでいます。『Darkness 〜』のB面、もちろん僕も大好きです。

デニスのソロ・アルバムは残念ながら持っていません。ずっと聴きたいと思いつつ、今日まで縁なくきてます。

ジョン・ハイアット、ニック・ロウ、ライ・クーダー、うひゃー!まさにリトル・ヴィレッジ揃い踏みですねー。確かに再結成はあるかもしれませんね。まぁ、長続きはしなそうだけど。ニック・ロウは来日もしますね。行けたらいいなぁと思ってます。

MIYAI
Commented by アラン・ボブ at 2011-06-28 23:35 x
あの日、こちらで、クラレンスの死を知りました。
直前に見たソニー提供のサイトより、宮井さんの方が
早かったですよ。
それで、その午後私は、スプと、Eストリート・バンドも参加してるゲイリー・USボンズの「オン・ザ・ライン」を聞きました。
このアルバム、私は、当時スプが作らなかった、もう1枚のスプのアルバム、というくらい気に入ってますが、
スプ・ファンにとってはどうなんでしょうね?
スプの曲が7曲、カヴァー1曲、ゲイリーの曲が2曲、そしてマイアミ・スティーヴの1曲で締めるという構成、バランスが最高に気に入ってます。
Commented by sandfish2007 at 2011-06-29 00:04
◇アラン・ボブさん
そうでしたか。僕はツイッターでの知人のつぶやきで知りました。快方に向かっているという話も耳にしていた矢先の訃報に愕然としました。

ゲイリー・US・ボンドのそのアルバムは、実はまだ聴いたことがないのです。前作以上にスプリングスティーンが強力にサポートしているみたいだし、ぜひ聴いてみたいと思いつつ今日まで縁なくきています。当時、スプリングスティーンはゲイリーをサポートしつつ、自分は『Nebraska』を作っていたのですね。そう思うと実に興味深いものがあります。うーん、聴いてみたいな。

MIYAI
<< 僕が生まれる前の話 音楽の仕事 >>