ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

梅雨明け宣言

 昨日と今日の朝に海辺をサイクリングしてみて、「これはもう夏が来たんだ」と確信した。というわけで、サンドフィッシュ・レコードはここに梅雨明けを宣言します。今年の夏はいつもより長そうだぜ。盛り上がってこう。おー。

 …と、そんな盛り上がりに水を差すかの如く、健康診断の結果が返ってきた。僕は深呼吸をし、心を落ち着かせてから、そーっとページをめくった。すると、痛風のバロメータとされる尿酸値が正常に戻っているではないか。いぇい♪これで死ぬほどビールが呑めるぜぃ。と、ひと盛り上がり。でも、コレステロールは初めて基準値をわずかにだが突破。まぁ、この腹じゃなぁ(超納得)。運動しないとね。とりあえず、深夜の柿ピーはやめようと心に誓った。あと、よくわかんなかったのが眼底検査の結果。右目:傾斜乳頭。左目:傾斜乳頭。視神経乳頭陥凹拡大疑い。なにこれ?うーんと、まぁいいや。見なかったことにしよう。その他はAで問題なしとのこと。

 結論:ナイスクリア!正常な尿酸値で夏を迎えるのは気分いいぜ。

 2011年も今日で半分おしまい。明日から下半期。さぁ、いい夏にしよう。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-06-30 11:09 | diary | Comments(4)
Commented by jerry at 2011-06-30 11:45 x
MIYAIさん、こんにちは。

とうとう2011年の上半期は新譜を1枚も買わない半年になってしまいました。
辛かった上半期を思い出し、今、『All Things Must Pass』 を聴いています。

人は生きていると、楽しいことも辛いこともあり良くも悪くも現実をみる事になりますね。
現実を替えてくれるには、古いレコードを廻してトリップすることが一番いいです。

いつも、本当に辛い時、支えてくれる歌声は、私にとってディランとジョージです。
心が折れそうになって、どうしようもない毎日をおくっても、
寝る前に聴くディランの歌声はとても優しく包み込んでくれました。

ジョージは10年前にあっちの世界に逝ってしまったけれど、
ディランは、まだまだ傑作を描くときを期待できる人です。
MIYAIさんも、以前に書かれていましたが、こんな凄いパフォーマーは居ないですよ。
奇跡とも感じます。このような今後何十年も語り続けられる生きる伝説と同じ世界で過ごしている毎日に感謝さえします。
どうしたら、あんなにアレンジを替えて更に深い感動を与え続けられるのでしょうか?

これからもディランの活躍を願っています。
Commented by sandfish2007 at 2011-06-30 16:12
◇jerryさん
きっと多くの人達にとっても、辛い上半期だったのではないかと思います。音楽が心の支えになることもあるでしょう。jerryさんにとっては、それがジョージとディランの歌なのですね。

ボブ・ディランがあるときから始めたことは、これまで誰もが為し得たことのない偉大な歩みだと思っています。いろいろと大変なこともあるでしょうが、ディランが歌を伝え歩いている限り、僕らはそこから生きる勇気を学べるはずです。

下半期はなにかいいことがあるといいですね。

MIYAI
Commented by ブラウニー at 2011-06-30 20:28 x
「視神経乳頭陥凹拡大疑い」は、簡単に言うと視神経が減っていて緑内障の疑いがありますよって事です。
緑内障は、視野の一部に欠損ができ、初期~中期は事故の原因にもなりえ、末期では失明の危険のある病です。また、進行してしまった緑内障は治す事が出来ないので、早めに医師の診察を受ける事をおすすめします。
Commented by sandfish2007 at 2011-07-01 08:44
◇ブラウニーさん
はりゃま、そんな大変な病気なのですか。診断結果には「1年後の検診での経過観察をおすすめします」とのんびりしたことが書いてあるので、たいしたことないと思ってました。ちょいと考えてみます。ありがとうございました。

MIYAI
<< 出足好調 僕が生まれる前の話 >>