ブログトップ

Sandfish Records Diary

sandfish.exblog.jp

世界が割と平和であるために

 本日、仙台で暮らす義弟よりビールが届くことになっている。「な、なんで僕なんかに?」とおずおず訊ねると、妹曰く「ボーナスが入ったから、経済をまわすらしいよ」とのこと。なんて見上げた男なんだ。世にはいろんな人がいるけれど、僕はビールを送ってくれる人が1番好きだ。いつか僕も義弟のような男になりたい。早く届かないなぁ。ちなみに2番目に好きなのは、もちろん柿ピーを持参してくれる人ね。ビールと柿ピーが揃えば、世界は割と平和になるはずだ。一緒にぽりぽりやりましょう。お礼にイカを焼くだよ。

 さて、今日は経理の仕事をするつもり。半年に1度の「英語で収支明細書を作ろう会」発足。会と言っても僕ひとりしかいないけど。ちっとも面白くない仕事だが、ぽつぽつ始めようかね。やらなきゃ終わらないもんな。ふぃー。

 でも、大丈夫。夕方には冷えたビールが呑めるのだから。ビールがあれば、がんばれる。柿ピーもひと袋ある。大丈夫だ。

 MIYAI
[PR]
by sandfish2007 | 2011-07-04 11:09 | diary | Comments(6)
Commented by jerry at 2011-07-04 11:19 x
MIYAIさん、将来、私が還暦を迎える年に、私のコレクションの中から、
MIYAIさんの聴きたいレコードを1枚プレゼントします!
その時まで、私のアナログレコードを探す旅は続く予定です(笑)。
中古レコードとの出会いは、それこそ一期一会であります。

唐突ですが、昨日、ふと思い立ちました。ヘンですかね?
お互い、還暦を迎える時、日本はどうなっているのでしょうか?
ま、還暦まで自分が生きているのか知る由もないですけど。。。

だから、どんな形であれ、その時まで連絡を取れる用に頑張ってください!
Commented by sandfish2007 at 2011-07-04 12:04
◇jerryさん
これは嬉しいお申し出をありがとうございます。還暦まであと20年くらいか。どんどん先が読みにくい世の中になってきてますが、いい音楽がいつまでも聴きつがれるように、変わらないものもきっとあることでしょう。

もしかすると、還暦なんてあっという間なのかもしれませんね。それまでに何をいただくか考えておきます。楽しみなり。

MIYAI
Commented by jerry at 2011-07-04 12:55 x
MIYAIさん、毎週日曜日の夜23時からBS-TBSでやってる、SOUL TO SOULっていう番組をご存知でしょうか?

私は2年位前から観れる時は観ているのですが、かなり質のいい立派な音楽番組です。
毎回、目からうろこの情報満載で音楽が好きでよかったなぁと心底思います。

昨夜は、ビリー・ジョエルだったのですが、これがビックリ情報満載でした。
フィル・ラモーンが実際にでていて証言していたのですが、なんと『The Stranger』は、
最初、ジョージ・マーティンがプロデュースする話があったそうで、
その条件が「プロのスタジオミュージシャンを使う」だったようで、
それをビリーが頑固に自分のバンドにこだわり、フィル・ラモーンに交代になった話でした。

そこから、フィル・ラモーンとの「奇跡」としか言いようが無い、ビックリ満載の逸話が出るわ出るわで。

正直、今まで私はビリーを軽くみていました。何枚かアルバムは持っていますが、
彼の生い立ちから、成功に至るまでのプロセスが本当に感動的に聞けて、
ビリーをもっと真剣に聴かなければと反省しています。
Commented by sandfish2007 at 2011-07-04 13:48
◇jerryさん
「Song to Soul」ですね。僕はC.C.R.とクイーンの回を見ました。なかなか楽しい番組ですね。歌詞対訳もフルで流れるし。

昨夜はビリー・ジョエルでしたか。観たかったなぁ。その頃、僕はウィンブルドンの男子決勝を観てました。ジョージ・マーティンが出したという条件は、なんとも彼らしいですね。バンドにこだわったビリーもまた彼らしいなと思います。ビリー・ジョエルは素晴らしいですよ。何枚かもってないアルバムもありますが、持ってるアルバムはどれも好きで、たまに引っぱり出しては聴いてます。

MIYAI
Commented by jerry at 2011-07-04 18:16 x
Song to Soul でしたか・・・。失礼しました。

フィル・ラモーンって本当に凄いプロデューサーだと思います。
ビリー・ジョエルとの仕事において『The Stranger』から、憧れのレイ・チャールズとの共演をした『The Bridge』に至るまで。
レイ・チャールズは、フィル・ラモーンが知り合いだったクインシー・ジョーンズを仲介役にして実現したそうです。

昨夜は、フィル・ラモーンに敬意を抱き、The Band の『Rock Of Ages』を聴きました。
今夜は、ジュリアン・レノンのファーストを久しぶりに引っ張り出したいと思います。
Commented by sandfish2007 at 2011-07-05 08:56
◇jerryさん
レイ・チャールズとのデュエット“Baby Grand”は大好きな曲です。レイの歌もとてもいいし、ビリーがレイを意識して喉をならして歌ってるのも素敵です。

フィル・ラモーンは、たくさんの名盤をプロデュースしてますよね。ポール・サイモン『Still Crazy After All These Years』もそうだし。久しぶりに聴こうかな。

MIYAI
<< 青春18きっぷ きっと僕はなにかが不満なのだろう >>